パンダ赤ちゃん2か月 まだ立ち上がれずふんばる

2017年08月14日 12時10分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

東京・上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんは、生まれてから2か月がたち、体重が3000グラムを超えるなど、順調に成長を続けています。

東京・上野動物園で、ことし6月12日に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんは、生後2か月がたったことから、動物園が14日に会見を開いて母子の様子を説明しました。それによりますと、動物園が今月11日に身体測定した結果、赤ちゃんは体重が3010.4グラム、体長が43.9センチで、順調に成長を続けているということです。

赤ちゃんは、まだ自分では立ち上がることはできないものの、後ろ足でふんばったり、方向転換したりする姿が見られるということです。

また、母親のシンシンも授乳する姿が確認されるなど、母子ともに健康状態は引き続き良好だということです。

ジャイアントパンダの赤ちゃんの名前は、公募で決められ今月10日まで受け付けた結果、インターネットによる応募だけで、およそ25万件に上ったということです。

赤ちゃんの名前は、はがきによる応募も含めて、生後100日を迎える9月下旬をめどに発表される予定です。上野動物園の福田豊園長は「赤ちゃんはパンダの体の特徴が出てきており、これからどんどんかわいさが増していくと思う。名前は応募内容を吟味し、よい名前を付けたい」と話していました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。