韓国で初めての原爆資料館がオープン

広島に原爆が投下されてから72年の6日、韓国では初めてとなる原爆資料館が、現在も多くの被爆者が住み「韓国のヒロシマ」とも呼ばれる南部のハプチョン(陜川)にオープンしました。


韓国南部のハプチョンには、徴用されたり、仕事を求めて移り住んだりして広島や長崎で被爆した人が今も多く住んでいます。

原爆資料館は、原爆の悲惨さを後世に伝えようと韓国では初めてハプチョンにオープンし、6日は被爆者や遺族などおよそ300人が出席して記念の式典が開かれました。資料館には早速多くの人が見学に訪れ、広島や長崎での原爆の被害の様子を再現した模型のほか、被爆者の所持品や手記などに見入っていました。

高校2年の男子生徒は「原爆について、これまで知らなかったことを申し訳ないと思いました。もっと多くの人が資料館に来てほしいです」と話していました。

資料館の運営担当者によりますと、韓国の被爆者は、終戦後の混乱で、家財を母国に持ち帰ることができず、被害の実態を伝える資料などが非常に少ないということで、今後、日本側に展示の面で協力を呼びかけていきたいとしています。

イージー・ニュース

韓国かんこく 原爆げんばくのことをつたえる資料館しりょうかんはじめてできる