仙台七夕せんだいたなばたまつりはじまる

2017年08月06日 14時27分

仙台七夕まつり始まる
※1 8

東北とうほく代表だいひょうする夏祭なつまつりのひとつ「仙台七夕せんだいたなばたまつり」がはじまり、仙台市せんだいし中心部ちゅうしんぶ商店街しょうてんがいかざられたいろとりどりの七夕たなばたかざりがおとずれたひとたちをたのしませています。

仙台七夕せんだいたなばたまつりは、伊達政宗だてまさむね仙台せんだい藩主はんしゅだった400年以上ねんいじょうまえからつづくとされる東北とうほく代表だいひょうする夏祭なつまつりのひとつです。

にち仙台市せんだいし中心部ちゅうしんぶのアーケードがい午前中ごぜんちゅう開幕かいまくいわうセレモニーがおこなわれました。会場かいじょうにはおよそ8まん8000づるつくった七夕たなばたかざりがつるされ、制作せいさくした市内しない小学生しょうがくせい中学生ちゅうがくせい東日本ひがしにほん大震災だいしんさいからの復興ふっこうへのねがいをめたうた披露ひろうしました。づるつくった小学しょうがく年生ねんせい女子じょし児童じどうは、「復興ふっこうすすみ、みんなが元気げんきになるようにというおもいをめてりました。かざりをひとには、復興ふっこうたいするおおくのひと気持きもちをかんじてほしい」とはなしていました。

会場かいじょうにはいろとりどりのながしや短冊たんざくいろどられたおよそ3000ほん七夕たなばたかざりがけられ、おとずれた家族かぞくれなどが写真しゃしんをとったりながめたりしてたのしんでいました。茨城県いばらきけんから家族かぞくおとずれた52さい男性だんせいは「震災しんさいだいへんなことだったとおもうが被災地ひさいちひとにはこの七夕たなばたとおして元気げんきして頑張がんばってほしい」とはなしていました。

仙台七夕せんだいたなばたまつりは8にちまでひらかれ、期間中きかんちゅう、およそ220万人まんにん人出ひとで見込みこまれています。