LAリトルトーキョーに「武道館」建設へ 日系人集う施設に

北米最大規模の日系人の街、アメリカ・ロサンゼルスのリトルトーキョーに「武道館」と名付けられた多目的施設が建設されることになり、3日、予定地でくわ入れ式が行われました。


ロサンゼルスのリトルトーキョーに建設される「武道館」は、日系コミュニティーが縮小する中、地元の日系人たちが集える施設を作ろうと計画しました。

建設予定地では3日、くわ入れ式が行われ、参加者は盛り土にくわを入れて工事の安全を祈願しました。

続いて、地元の日系団体のディーン・マツバヤシ事務局長が「施設の建設は40年来の夢でした。この『武道館』での活動が地域の絆を強め、われわれ全員のホームとなることを願います」とあいさつしました。

リトルトーキョーは19世紀末に日本からの移民が集まって住んだのが始まりで、第2次世界大戦前は3万人の日系人が住んでいましたが、現在は6500人ほどに減り、活性化が課題となっています。

施設は来年中の完成を予定していて、武道やスポーツ、音楽イベントなど、日系人が交流を深める場所として活用されます。

イージー・ニュース

アメリカのロサンゼルスに日系人にっけいじんが「武道館ぶどうかん」をてる