全長500メートル 世界最長のつり橋開通 スイス

2017年08月01日 10時48分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

アルプス山脈を代表する名峰、マッターホルンのふもとの登山ルートに、世界最長となる全長およそ500メートルの歩行者専用のつり橋が完成し、新たな観光スポットとして注目を集めています。

このつり橋はアルプスの名峰、マッターホルンのふもとのスイス南部ツェルマットとグラヘンの間を結ぶ登山ルートに完成し、先月29日に開通しました。

鉄骨でできたつり橋の幅は、わずか65センチと歩行者専用ですが、全長は世界で最も長い494メートルで、日本一長い全長400メートルの静岡県三島市のつり橋より、およそ100メートル上回っています。

歩行者専用のつり橋をめぐっては、ことし5月にドイツのハルツ山地に開通した全長458メートルのつり橋が、世界最長記録を塗り替えたばかりでした。

谷からの高さが85メートルにもなるこのつり橋について、地元の観光当局は「高所恐怖症ではない登山者専用です」とジョークを交えてPRし、アルプス山脈を望む登山ルートの新たな観光スポットとして、観光客の増加に期待を寄せています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。