夏のこの時期、進学を希望する高校生の志望校選びが本格化する季節です。最近は大型のイベント会場に全国の大学が集まり、模擬授業や進学相談などを行って、志望校探しを支援する動きが出てきています。


今月、都内のイベント会場で開かれた大学進学の相談会には、北海道から沖縄まで全国の国公立や私立の大学200校以上が集まりました。

参加する多くが高校1年生や2年生で、最近は高校に入学してまもない時期から志望校選びを始める傾向があります。この日も親や友達と一緒にたくさんの高校生が訪れ、東京の参加者はおよそ5万人、全国の5つの会場を合わせると10万人以上がイベントに参加する見込みだということです。

会場では各大学のブースに高校生が並び、学部の特徴や入試の傾向などを担当者に質問していました。
また、大学ごとに300以上の模擬授業が会場のあちこちで行われていて、参加者は関心のある講義を聴きながらノートをとっていました。

大手進学情報のサービス会社によりますと、最近は大学の数だけでなく学部の種類も増えていて、以前は文学部や法学部など29の学部に制限されていましたが、今は学部とされるものがおよそ700あると言われています。

このため、学校や保護者が大学選びの細かいアドバイスをすることが難しくなっていて、早い時期からこうしたイベントに参加して大学や学部の特徴を知り志望校を絞っていく傾向があるということです。

参加した高校生は「学校がイベントに参加することを勧めていたので来てみました。興味ある学部を知ることができてよかった。参加者はみんなライバルに見えました」などと話していました。


大学にさまざまな学部ができる中、志望校を絞り込む参考にしてもらおうと、受講生が多くの大学と接する新たなサービスに大手通信教育会社も取り組んでいます。

30日、東京大学で大手通信教育会社が開いたイベントでは、国公立や私立の16の大学の大学生などが講師役となり、学部の特徴を高校生に説明していました。

参加したのは高校1、2年生やその保護者を中心におよそ300人で、大学生は授業の内容や取得できる資格などを紹介していました。

また、高校生が直接、大学生に相談できるコーナーも設けられ、志望校の決め方や勉強方法への質問が相次いでいました。

参加した高校2年生は「大学生が疑問に丁寧に答えてくれて、さまざまな大学の魅力を知ることができた。今度は大学に足を運んでみたい」と話していました。

イベントを主催したベネッセコーポレーションの吉村麻理子さんは「たくさんの大学や学部がある中でよく考えずに志望校を決めると、あとで後悔しかねない。学部などについて大学生から直接、話を聞くことで興味のある分野や大学が見つかり、勉強のモチベーションにもつながると思う」と話していました。


新しい形の志望校選びが広がっていることについて、リクルート進学総研の小林浩所長は「大学側からすると、ふだん自分の大学に来ない生徒にアピールできる利点がある。高校生側からすると、オープンキャンパスに直接行くよりもいろんな学校が知れるというメリットがある。志望校を選んでオープンキャンパスに行く前のきっかけ作りの場になっている」と話しています。

イージー・ニュース

大学だいがくすすみたい高校生こうこうせい大学だいがく説明せつめいをするイベント