相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件から26日で1年となり、現場の施設に設置された献花台には、施設の関係者や近所の人、それに知事などが花を手向け、犠牲になった19人に祈りをささげました。


この事件は去年7月26日の未明、相模原市緑区の知的障害者の入所施設「津久井やまゆり園」で入所していた障害のある人たちが次々に刃物で刺されて19人が殺害され、27人が重軽傷を負ったもので、元職員の植松聖被告(27)が殺人などの罪で起訴されています。

事件から1年となった26日は雨が降る中、施設の前に設けられた献花台に地元の住民や施設の関係者などが次々と訪れ、花を手向けたり手を合わせたりして犠牲になった19人に祈りをささげました。

津久井やまゆり園の入倉かおる園長は「亡くなった入所者の顔を思い浮かべながら献花しました。守ってあげることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ご遺族のお気持ちに寄り添っていきたい」と話していました。

また午後には、神奈川県の黒岩知事も献花台に花を手向けました。
黒岩知事は「19人の命が奪われた悲惨さや残虐さを改めて痛感しました。差別や偏見がない社会を築いていきたい」と話していました。

献花台は犠牲者を悼む場として、今月30日まで継続して残される予定です。


県庁で職員が黙とう

相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件から1年となり、神奈川県庁では、職員が犠牲になった人たちに黙とうをささげました。

神奈川県庁では、午前9時に、26日で事件から1年になることを告げる館内放送が流れ、職員たちが犠牲になった人たちに1分間の黙とうをささげました。
このうち障害者支援などを担当する障害福祉課と、事件を受けて今年度から新たに発足した共生社会推進課では、職員がこの1週間、「ともに生きる」と印刷されたTシャツを着て業務にあたっていて、館内放送が流れると、仕事の手を止め、祈りをささげていました。

神奈川県共生社会推進課の平野潤一グループリーダーは「突然、命を奪われた方々や、ご遺族の気持ちを考えると、今も深い悲しみを禁じ得ません。二度とこうした事件が起きないよう、差別がない社会の実現に向けて普及啓発に努めていきたいです」と話していました。


家族会会長「植松被告は心から反省を」

施設を訪れた「津久井やまゆり園」の入所者の家族らで作る家族会の大月和真会長は「亡くなった方々が最後にどんな思いでいたかと思うと複雑な気持ちになります。植松被告には心から反省してほしい」と話していました。

また息子の一矢さん(44)が首や腹などを切られる大けがをした尾野剛志さん(73)は「亡くなった方や息子のことを考えると悔しい気持ちです。改めて事件を風化させたくないと強く思いました」と話していました。


献花台訪れた人は

献花台を訪れた施設の元職員の60代の女性は「入所者から思いやりややさしさを教わりました。事件を振り返って悔しさや悲しさでいっぱいです」と話しました。

近くに住む60代の男性は「犠牲になった方や家族のことを考えると、言葉になりません。別の場所に移っている人たちもいつか地元に戻り、かつてのように住民と交流してほしいです」と話していました。

相模原市の垂水京子さん(60)は事件直前まで「津久井やまゆり園」に通っていた重い障害のある息子の亮太さん(28)とともに献花台を訪れ、犠牲者を悼みました。
垂水さんは「知り合いの人が亡くなり、悔しい気持ちです。植松被告の障害者に対する考えが変わっていないことに怒りを感じています。障害のある人もない人もみんなで支えあい生きていける社会になってほしいです」と話していました。


官房長官「精神保健福祉法の早期改正目指す」

菅官房長官は午前の記者会見で「私自身も事件直後に園を訪れ、さまざまなお話をお聞きした。事件で亡くなられた方々をはじめ、多くの方の無念に思いを致し、改めて、こうした事件を繰り返すことが2度とあってはならないと決意している」と述べました。

そのうえで菅官房長官は「政府としては、これまで関係閣僚会議を開催し、一丸となって社会福祉施設の安全確保や職場環境の改善、そしてすべての人々がお互いの人格と個性を尊重する共生社会の実現に取り組んでいる。引き続き障害者やご家族の皆様の思いに寄り添いながら、1つ1つ丁寧に政策を進めていきたい」と述べました。

また菅官房長官は、衆議院で継続審議になっている、措置入院患者の支援強化などが盛り込まれた精神保健福祉法の改正案について、早期成立を目指す考えを示しました。

イージー・ニュース

障害しょうがいがあるひとされて19にんくなる事件じけんから1ねん