人手不足の深刻化を背景に、企業がアルバイトやパートを募集する際の時給が先月、首都圏など3大都市圏の平均で1012円と、過去最高になったことが求人情報会社の調査でわかりました。


求人情報会社の「リクルートジョブズ」は、首都圏や関西、それに東海の3大都市圏を中心に、企業がアルバイトやパートを募集する際の時給を調査しています。

それによりますと、先月は3大都市圏の平均で去年の同じ月より24円、率にして2.4%増え1012円となり、平成18年1月の調査開始以来、最も高くなりました。

地域別では、首都圏が1051円で最も高く、次いで関西が974円、東海が952円となりました。また、職種別に時給の伸びを見ると、コールセンターや経理のスタッフなどの「事務系」が40円、率にして4%増えて1049円となったほか、飲食店の従業員の「フード系」が24円、2.6%増えて978円となりました。

調査を行った求人情報会社では「人手不足からアルバイトの時給を頻繁に上げる企業が増えているほか、外食産業では社員の休日確保するため、アルバイトの採用を増やす動きもある。時給の上昇傾向は当面、続くのではないか」と話しています。

イージー・ニュース

アルバイトとパートの時給じきゅういままででいちばんたかくなる