沖合おきあいながされたゾウをスリランカ海軍かいぐん救出きゅうしゅつ

2017年07月13日 20時04分

※1 8

みなみアジアのスリランカで沖合おきあいながされたゾウを海軍かいぐんふねつけ、およそ12時間じかんにわたる救助きゅうじょ活動かつどうすえ無事ぶじ救出きゅうしゅつしました。

スリランカ北東部ほくとうぶまちコッキライからおよそ15キロはなれた沖合おきあいで11にち、ゾウが海面かいめんはなしながらただよっているのをスリランカ海軍かいぐんふねつけました。

このため海軍かいぐんでは現地げんち野生やせい生物せいぶつ保護ほご当局とうきょく協力きょうりょく救出きゅうしゅつ活動かつどうたり、地元じもとメディアなどによりますとふねでおよそ12時間じかんかけて海岸かいがんまではこび、無事ぶじ救出きゅうしゅつしたということです。

海軍かいぐん公開こうかいした映像えいぞうにはダイバーがゾウのからだにロープをきつけ、ふねでゆっくり様子ようすうつっています。

このゾウは救出きゅうしゅつされたあと、専門家せんもんかによって健康状態けんこうじょうたい問題もんだいがないことが確認かくにんされました。

ゾウがなぜ沖合おきあいまでながされたか、理由りゆうははっきりしていませんが、浅瀬あさせをわたっているさいなみあしをとられ、沖合おきあいまでながされたとられています。