イノシシ対策たいさくにオオカミがた装置そうち導入どうにゅう天敵てんてき”で威嚇いかく

2017年07月11日 20時46分

※1 8

イノシシなどに農作物のうさくもつらされる被害ひがい深刻しんこく千葉県ちばけん木更津市きさらづしあらたな対策たいさくとして天敵てんてきのオオカミにせた姿すがたひかりおと威嚇いかくする装置そうち実験的じっけんてき導入どうにゅうされました。

この装置そうち北海道ほっかいどう企業きぎょう東京農業大学とうきょうのうぎょうだいがくなどと開発かいはつし、木更津市きさらづしのJAが実験的じっけんてき導入どうにゅうしました。イノシシなどの天敵てんてきのオオカミにせた姿すがた特徴とくちょうで、動物どうぶつちかづくとセンサーが感知かんちし、部分ぶぶんにあるLEDライトがあか点滅てんめつするとともにオオカミのごえ人間にんげんのどなりごえなど18種類しゅるい威嚇音いかくおん仕組しくみです。

木更津市きさらづしではイノシシやアライグマなどに農作物のうさくもつらされる被害ひがい年々ねんねんえ、昨年度さくねんど被害額ひがいがくはおよそ2200万円まんえんのぼっています。

この装置そうち実験的じっけんてき導入どうにゅうした北海道ほっかいどうでは、シカなどの被害ひがい大幅おおはば効果こうか確認かくにんされているということで、JAは11にち、この装置そうちをイノシシなどの被害ひがいがあったやまあいの水田すいでん設置せっちし、効果こうかたしかめることにしています。

JA木更津市きさらづし梅澤うめざわせんおっと組合長くみあいちょうは「電気でんきさくなどで対策たいさくしてきたがいついていないのが現状げんじょうだ。効果こうかがあればぜひ装置そうちやしたい」とはなしていました。