サンマ流し網漁の初水揚げ 平年上回る高値 釧路

今シーズンのサンマ漁のトップを切って北海道東部の沖で流し網漁が始まり、10日朝に初水揚げが行われた釧路市の港では、高いもので1キロ当たりおよそ1万4000円と平年を上回る高値がつきました。


北海道東部の沖では、8日にサンマの流し網漁が全国に先駆けて解禁され、10日朝、釧路港と根室市の花咲港で初水揚げが行われました。

このうち釧路港では、午前4時前、漁船9隻が合わせて2トン余りを水揚げしました。競りでは、高いもので1キロ当たりおよそ1万4000円と、平年を6000円~7000円上回る値がつきました。

一方で、初日の水揚げ量が10分の1にとどまり、価格が高騰した去年に比べると半値程度だということです。

サンマ漁はここ数年、不漁が続いていることから、漁業者の男性は「去年より量はあったが小さいサイズが多く、まだ安心できない。近年、極端な不漁が続いているので、水揚げの回復を願うしかない」と話していました。

北海道東部沖のサンマ漁は、来月20日には主力の大型船による「棒受け網漁」が解禁され、漁が本格化します。

イージー・ニュース

北海道ほっかいどう さんまのりょうはじまる