東京・上野動物園で、先月、5年ぶりに生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんについて、東京都は今月28日をめどに名前の公募の受け付けを始めることにしています。


東京・上野動物園では、先月12日、オスのリーリーとメスのシンシンの間にメスの赤ちゃんが誕生し、これまでのところ母子ともに安定した状態で、赤ちゃんは順調に成長しています。

東京都は、赤ちゃんの名前について、これまで公募で決める考えを示していて、今月28日をめどに受け付けを始めることにしています。動物園によりますと、園内に応募箱を設置するほか、インターネットやはがきでの受け付けを検討していて、期限については未定だということです。

上野動物園では、平成23年2月に中国から来たリーリーとシンシンの名前も公募で決めています。会見で、小池知事は「赤ちゃんはすくすく育っている。中国ではパンダは生後100日を迎えると丈夫に育つと言われているので、9月下旬をめどに命名したい」と述べました。

イージー・ニュース

上野動物園うえのどうぶつえんのパンダのあかちゃんの名前なまえかんがえてください」