飛鳥寺あすかでらでのやく60年前ねんまえ出土しゅつど 真珠しんじゅ確認かくにん 国内こくない最古さいこ

2017年07月03日 20時15分

飛鳥寺での約60年前の出土 真珠と確認 国内最古
※1 8

日本にっぽん最古さいこ本格的ほんかくてきてら奈良県ならけん明日香村あすかむらの「飛鳥寺あすかでら」で、およそ60年前ねんまえおこなわれた発掘はっくつ調査ちょうさ真珠しんじゅ出土しゅつどしたことが、奈良なら文化財ぶんかざい研究所けんきゅうじょ最新さいしん分析ぶんせき確認かくにんされました。国内こくないてら出土しゅつどした真珠しんじゅとしてはもっとふるいということです。

確認かくにんされた真珠しんじゅは、6世紀末せいきまつ建立こんりゅうされた日本にっぽん最古さいこ本格的ほんかくてきてら奈良県ならけん明日香村あすかむらの「飛鳥寺あすかでら」の境内けいだいで、およそ60年前ねんまえとうあと発掘はっくつ調査ちょうさおこなわれたさい出土しゅつどしました。

直径ちょっけい1.5ミリから2ミリほどのおおきさで14あり、なかにはちいさなあなけられています。ガラスがらすだま武具ぶぐなどとともに出土しゅつどしましたが、いたみがはげしく、これまで材質ざいしつはわかっていませんでした。

そこで、奈良なら文化財ぶんかざい研究所けんきゅうじょ田村たむら朋美ともみ研究員けんきゅういんなどがX線えっくすせん使つかうなど、最新さいしん方法ほうほう分析ぶんせきした結果けっかおも成分せいぶん炭酸たんさんカルシウムかるしうむ何層なんそうかさなってできていることなどがわかり、真珠しんじゅ確認かくにんされたということです。

真珠しんじゅ仏教ぶっきょう世界せかいではななつのたから、「七宝しっぽう」の1つとされ、きんぎんなら貴重きちょうなものとして珍重ちんちょうされてきましたが、国内こくないてらつかった埋納まいのうひんとしてはもっとふるいということです。

田村たむら研究員けんきゅういんは「飛鳥寺あすかでらからは古墳こふん埋葬まいそうしていた武具ぶぐつかるなどしていて、古墳時代こふんじだい影響えいきょうつよけているとられる。初期しょき日本にっぽん仏教ぶっきょう文化ぶんかかんがえるうえで貴重きちょう資料しりょうだ」とはなしています。