卓球 福原愛選手が妊娠公表 秋に出産へ

卓球女子のオリンピックのメダリストで去年結婚した福原愛選手が、みずからのブログで妊娠を発表し、ことし秋に出産する予定を明らかにしました。


オリンピックの卓球女子団体で2大会連続でメダルを獲得した28歳の福原選手は、去年9月、台湾の卓球選手でリオデジャネイロオリンピックにも出場した江宏傑選手と結婚しました。

福原選手は29日、みずからのブログで妊娠したことを明らかにし、この中で福原選手は「私事ですが赤ちゃんを授かりました。体調が安定しない日が多くなかなか皆様にお伝えすることができなかったのですが、出産は秋を予定しています。小さな命が私たちのもとに来てくれたことをとてもうれしく思います」としています。
そのうえで「夫はきっといいパパになってくれると思うので、私も負けないくらいいいママになれるよう、赤ちゃんに会えるまでの間、しっかり勉強して準備したいと思います」とコメントしています。

福原選手は、幼い頃から「天才卓球少女」として注目を集め、オリンピックには2004年のアテネ大会から4大会連続で出場しました。ロンドン大会では、女子団体で日本卓球界初となる銀メダルを獲得したほか、リオデジャネイロ大会の女子団体でも2大会連続のメダルとなる銅メダルを獲得しました。

福原選手は、去年9月の結婚会見の際に現役を続ける意向を示しています。


江選手「よいパパになる勉強を」

福原愛選手の夫で、台湾の卓球選手の江宏傑選手はフェイスブックにコメントを投稿しました。このなかで、江選手は、「最近は、どうすればよいパパになれるか勉強しています。パパもママも、しっかり準備をして、あなたがこの世界に生まれるのを待っています」と赤ちゃんの誕生を心待ちにしている心境をつづっています。

イージー・ニュース

卓球たっきゅう福原ふくはらあい選手せんしゅあきあかちゃんがまれます」