急速に高齢化が進む中、在宅介護のうち介護をする側と受ける側がいずれも75歳以上の「老老介護」の割合が初めて30%を超えたことが厚生労働省の調査でわかりました。厚生労働省は「高齢化と核家族化で今後も老老介護は増えていくと見られ、支援していく必要がある」としています。


厚生労働省は去年6月、介護の実態などを調べるため「国民生活基礎調査」を行い、熊本地震の被災地を除く全国のおよそ6800人から回答を得ました。

それによりますと、家族や親族による在宅介護のうち65歳以上の高齢者が主に介護を担う「老老介護」の割合は推計で54.7%で、前回の4年前の調査より3.5ポイント増えて過去最高になりました。

また、介護をする側と受ける側がいずれも75歳以上の割合は全体の30.2%でした。これは、前回を1.2ポイント上回り、平成13年に調査を始めてから初めて30%を超えました。

このほか介護が必要な高齢者について、必要になった原因を調べたところ、認知症が24.8%とおよそ4人に1人にのぼり、脳卒中を上回って初めて最も多くなりました。

厚生労働省は「高齢化や核家族化が進んでいる影響で、今後も老老介護は増えていくと見られる。高齢になっても在宅介護をできるだけ続けられるよう、介護保険制度で必要なサービスを提供するなど支援していく必要がある」としています。


90代の老老介護の夫婦は

千葉県木更津市の萩原今朝實(けさみ)さん(91)は、自宅で妻の晴世さん(90)と2人で暮らしています。

晴世さんは6年前、立ったり歩いたりする際に支えが必要になり「要介護2」の認定を受けました。今では1日の多くを介護ベッドの上で過ごしています。

このため夫の今朝實さんが身の回りの世話をしてきましたが、今朝實さんも4か月前、散歩中に転んで足を痛め、妻と同じ「要介護2」の認定を受けました。

萩原さん夫婦には、近所に住む娘がいますが、結婚し仕事をしているため、毎日、介護を手伝ってもらうことはできません。

萩原さん夫婦は、介護サービスの「生活援助」を受け、毎日、ヘルパーに来てもらい掃除や洗濯などの家事を代行してもらっていますが、1日で利用できるのは30分だけです。

ヘルパーがいない時は、夫の今朝實さんが食事や飲み物を運んだり、入浴の準備をしたりして妻を支えています。

萩原さん夫婦は去年、特別養護老人ホームへの入居を検討しましたが、近くに空きのある施設がなかったほか、金銭的な負担が大きかったため入居を諦め、自宅での生活を続けています。

萩原今朝實さんは「妻の世話を行ううちに、日に日に体が弱っていき、夫婦共倒れになるのではないかと心配で、不安で夜も眠れないときがある」と話しています。


専門家「定期的にチェック対応を」

介護保険制度や高齢者の介護の実態に詳しい、上智大学の栃本一三郎教授は「以前は、健康な家族が高齢者の介護を担うことが大半だったが、最近は、高齢化が進み介護が必要な高齢者どうしで、支え合うケースが急増している。老老介護では、認知症を発症したり、体力が低下したりして介護をするのが次第に難しくなるほか、家庭内でストレスを抱え込んでしまうことも少なくない。ヘルパーなどが、訪問介護の際に、体調が悪化していないかや、精神的に追い詰められていないかなどを定期的にチェックし、状況に応じた介護サービスを提供していく仕組みが必要だ」と指摘しています。

イージー・ニュース

介護かいごするひと介護かいごしてもらうひとも75歳以上さいいじょう」が30%