東京五輪・パラ 自動車用の記念ナンバープレート5案発表

2017年06月27日 15時58分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

国土交通省は27日、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を記念して発行する図柄入りの自動車用ナンバープレートの5つのデザイン案を発表しました。

国土交通省が発表したのは、東京オリンピック・パラリンピックを記念した図柄入りの自動車用のナンバープレートに向けて、一般から集まった96の作品からデザイナーなどで作る選考委員会が選んだ5つのデザイン案です。

この中には、市松模様をあしらった円をデザインしたものや、江戸切子(きりこ)をモチーフに「つばさ」を描いたもの、それに選手のシルエットがデザインされたものなどがあります。

国土交通省はこの5つの案について、インターネットを通じて一般から意見を募集したうえで著作権などを確認し、来月中に1つに絞り込むことにしています。

図柄入りのナンバープレートは乗用車や、バス、タクシーなどが対象で、ことし10月から希望者に発行される予定ですが、交付を受けるにはプレートの交換費用のほか、1台当たり1000円以上を寄付する必要があります。
この寄付金はバスやタクシーなどをバリアフリー化する事業に充てられるということです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。