去年きょねん山岳さんがく遭難そうなん番目ばんめおお

2017年06月26日 05時28分

※1 8

去年きょねん年間ねんかん全国ぜんこくやま遭難そうなんしたひとは2929にんと、統計とうけいのこ昭和しょうわ36年以降ねんいこう番目ばんめおおくなり、中高年ちゅうこうねん中心ちゅうしん登山とざんブームがつづなか警察庁けいさつちょうは、登山とざんさいには安全あんぜん計画けいかくてるようびかけています。

警察庁けいさつちょうによりますと、去年きょねん年間ねんかん全国ぜんこくやま遭難そうなんしたひとは2929にんと、統計とうけいのこ昭和しょうわ36年以降ねんいこう遭難者そうなんしゃもっとおおかったおととしとくらべて114にんすくなくなったものの、過去かこ番目ばんめおおくなりました。

死者ししゃ行方不明ゆくえふめいしゃは319にん過去かこ10ねんで3番目ばんめおおくなったほか、けがをしたひとは1133にん過去かこ10ねんで2番目ばんめおおさでした。

遭難そうなんしたひと都道府県とどうふけんべつでは、長野県ながのけんが303にん北海道ほっかいどうが232にん東京都とうきょうとが167にんなどとなっています。

また、年代別ねんだいべつでは、60だいが746にん全体ぜんたいの25%をもっとおおくなったほか、いで、70だいが565にんで19%、50だいが421にんで14%、40だいが366にんで12%などと、40代以上だいいじょう全体ぜんたいの4ふんの3以上いじょうめています。

中高年ちゅうこうねん中心ちゅうしん登山とざんブームがつづなか、これから夏山なつやまのシーズンをむかえることから、警察庁けいさつちょうは、登山とざんさいには気象きしょう条件じょうけん自分じぶん体力たいりょくった安全あんぜん計画けいかくてるようびかけています。