外国人旅行者の消費がいわゆる“爆買い”から日本ならではの体験を楽しむ“コト消費”に移る中、全国で免税店を展開するラオックスは和食やゲームといった日本独自の文化を前面に打ち出した新型の店舗をオープンすることになり、26日、報道機関に公開しました。


この新型店舗はラオックスが来月1日、千葉市の商業施設の中にオープンします。売り場には外国人旅行者に人気の家電製品や化粧品などを扱う免税店に加えて、日本ならではの体験を打ち出したコーナーが設けられています。

すしや天ぷらといった和食を中心としたバイキング形式の食事や、プラスチック製の弾がとぶエアガンを使った対戦型の射撃ゲームなどが楽しめます。また、外国人旅行者に人気の高いカップラーメンの専門店には、日本でしか売られていないブランドを中心に42種類の商品が並び、その場でお湯を入れて食べることができます。

ラオックスの羅怡文社長は「外国人旅行者の購買行動が変わってきているので、今回の店舗を訪れるお客さんの反応を見て、さらに店舗を進化させていきたい」と話しています。

イージー・ニュース

日本にっぽん文化ぶんかなどもたのしむことができるみせが7がつにオープン