築地市場の移転問題で、東京都の小池知事は、20日、臨時の記者会見を開き、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました。


会見で小池知事は「築地は守る、そして豊洲を生かすことを基本方針の第1とする。築地市場は、長年培ったブランド力、そして地域との調和を生かして、改めて活用することが大切な宝を生かす方法ではないか」と述べました。

その一方で、「豊洲市場については地下空間の追加対策など、専門家会議から指摘のあったところで、安全対策を講じたうえで、生かすべきだ。冷凍、冷蔵、加工などの機能を一層強化し、ITを活用した総合物流拠点とする」と述べました。

さらに、小池知事は、「東京都として、事業者、都民の信頼回復に徹底的に取り組んでいく。これらの基本的な方針をもとに、早急に具体的な方策を詰めていくよう事務方に指示した」と述べました。

小池知事は豊洲市場について、「新たな中央卸売市場としての機能を優先する。そのうえで、さまざまな物流の変化が起きている中で、物流機能をさらに強めていく」と述べました。

一方、築地市場にあたっては「5年後をめどに再開発する。環状2号線はオリンピック前に開通させる。跡地は、当面、オリンピック用の輸送拠点として活用する。その後、食のテーマパーク部門を有する新たな市場として、東京をけん引する一大拠点とする」と述べました。

築地市場の再開発にあたっては「都民とのオープンな対話の場を設けて情報公開しながら検討していきたい。仲卸業者への経営支援も検討していきたい。築地のまちづくりについては工程表を作成したい」と述べました。

小池知事は「豊洲と築地を両立させることが最も賢い使い方ではないか。単に移るということになると赤字が継続する。それを打破するためにも築地の再整備と豊洲をうまく活用していくことでダブルのプラスに持っていきたい」と述べました。


小池知事「単純な議論ではない」

東京都の小池知事は都内での行政視察を終えたあと、記者団の取材に応じ、20日、表明した市場移転の基本方針について「会見での説明が不十分ではなかったか」と指摘されたことに対し、「定例記者会見などでお答えしていきたい。どうやって赤字を減らし収入を増やしていくのか、それを考えた一つの案だ。東京にある11の市場もどう活用し再編していくのか、ということだと思う。劇的に物流が変わる中で、築地から豊洲に移ればいいという単純な議論ではない。資金繰りなどについては都庁のほうで研究している」と述べました。


築地市場協会長 一定の評価 今後には批判

築地市場すべての業界団体で作る「築地市場協会」の伊藤裕康会長は記者会見で、「小池知事は、市場の機能を豊洲に移すのだと表明された。安全安心をいちばん大事に、都として、風評の払拭(ふっしょく)に努めるとしたのは十分評価できる」と述べて、小池知事が示した方針に一定の評価をしました。

一方、「移転の期日など、今後の方針が打ち出されなかったのは不満だ」と批判したうえで、「築地ブランドはわれわれが先輩から受け継ぎ、80年かかってみんなで卸や仲卸が主体となって、全国や世界各地から集荷し、吟味し、評価し、販売していくという、たゆまざる努力の積み重ねの中で、築地の信用力が築かれたものだ」と述べました。

そのうえで伊藤会長は、「築地ブランドを豊洲に行ってもきちっと受け継ぎ、さらなる信頼の増幅に向けて、努力をしていく。きょうは大づかみな話だけだったが、日程や方法など、具体的な中身について、都との間できっちりと、一つ一つ話をつめて理想的な市場に近づけるようにしたい」と述べました。

一方、「築地市場青果連合事業協会」の泉未紀夫会長は記者会見で、「小池知事が示した方針は、豊洲を中央卸売市場として移転し開場すると明言されたのは結構だが、全体的に漠として、具体性がなかった。これだけ広がった風評被害も小池知事が全力で取り組まなければ払拭できないほど厳しい状況であるのに、残念ながら豊洲市場の安全宣言もなく、対策が示されなかった」と批判しました。

そのうえで、「会見では随所に、市場を2か所設けるという印象を持たざるをえなかった。中央卸売市場は、さまざまな機能をもって成り立っているので、これを崩すやり方ができるのか疑問であり、一抹の不安がある。小池知事には、業界を分断するような状況を避け、都と業界がと1つになって前に進むためにも、都の市場行政を元に戻してもらいたい」と述べました。


築地場外市場は

小池知事が市場を豊洲に移転したうえで5年後をめどに築地を再開発する方針を発表したことについて、築地場外市場の人たちからはさまざまな声が聞かれました。

のりなど乾物の卸店の38歳の店長の男性は、「豊洲に移転はするものの築地も再整備してくれるので安心した。この築地のにぎわいを維持できるような整備計画にしてほしい」と話していました。

また、鮮魚の卸店を営む47歳の男性は、「豊洲移転、築地再整備とどちらの案を選んでも誰かは反対するという状況だったので、どちらも行うという案になってよかったと思う。あとは、具体的なスケジュールを早く示してほしい」と話していました。

卵焼き店の43歳の店長の男性は、「これまで豊洲に移転するということで向こうにも店を構える準備を進めていたので、ようやく決まったかという心情だ。こういう結果になるのであればもっと早く決断してほしかった」と話していました。


東京魚市場卸協同組合「十分に受け止められず」

築地市場で最大の540余りの業者が所属し、これまで豊洲の移転に慎重な立場を示していた東京魚市場卸協同組合の早山豊理事長は午後5時半すぎから記者会見しました。

この中で早山理事長は「これまでいくつかの案があったが都には時間をかけて検証、検討したいと伝えていた中で、今回の方針発表となりまだ十分に受け止められていない」と述べました。

そのうえで、「組合員の中には築地での業務が長く築地のままがいいという人が多くいる。われわれとしては中央市場がどうなるかが問題であり、もし5年後、築地に戻ってくるなら中央市場として戻ってくるということだ。今後、都から説明を受けて組合内で検討したい」と述べて、都の説明を受けたあと判断する考えを示しました。

イージー・ニュース

東京都とうきょうと小池こいけ知事ちじ豊洲とよす市場いちば安全あんぜんにしてす」