世界の難民・国内避難民 過去最多の6560万人

2017年06月19日 20時39分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

国連は世界の難民などに関する報告書を発表し、去年末の時点で紛争や迫害などによる難民や国内避難民は、これまでで最も多い6560万人に上り、特に中東のシリアやアフリカの南スーダンでの増加が影響していると指摘しています。

UNHCR=国連難民高等弁務官事務所は、国連が定める今月20日の「世界難民の日」を前に、19日、最新の報告書を発表しました。

報告書によりますと、去年末の時点で、紛争や迫害などによって国外に逃れた難民や家を追われた国内避難民はこれまでで最も多い合わせて6560万人に上っています。

このうち内戦が続くシリアでは、去年1年間で65万人余り増えて世界で最も多い550万人余りが難民となるなど、人口の半数以上が国内外で避難生活を送っていると指摘しています。

また政府軍と反政府勢力の間で武力衝突が続く南スーダンでは、難民や国内避難民の数は前の年よりも80万人余り多い330万人に上り、特に武力衝突が再燃した去年夏からの半年間で急速に増加しているとして深刻な懸念を示しています。

記者会見したUNHCRのグランディ高等弁務官は「難民や国内避難民を生み出す原因に対して十分な対策ができていない。危機は今も続いていて解決できるように対処しなければならない」と述べ、各国に協力を呼びかけました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。