幼稚園のそばの爆発8人死亡 中国 “容疑者特定”

2017年06月16日 06時11分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

中国、江蘇省にある幼稚園のそばで15日起きた爆発では、死者が増えて8人となり、中国の警察はこれまでの捜査の結果、容疑者を特定したとして爆発の経緯などについてさらに詳しく調べています。

中国東部、江蘇省の徐州にある幼稚園の門のそばで15日午後、起きた爆発では、死者が1人増えて8人となったほか、65人がけがをしています。

爆発があったとき、幼稚園では授業が行われていて、園児や職員は無事だったということですが、門の周辺には大勢の保護者が園児を迎えに来ていたということで、爆発に巻き込まれたものと見られます。

これについて、中国国営の新華社通信は警察が現場の状況を詳しく調べ、関係者の捜査を進めた結果、容疑者を特定したと伝えました。

ただ、なぜ爆発が起きたのかや、容疑者の特定に至った根拠、それに具体的な容疑などについては明らかにされていません。

中国政府は事態を重視して警察にあたる公安省の次官を現地に派遣して対応に当たらせていて、爆発の経緯などについてさらに詳しく調べています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。