ドライバーがいない車両を遠隔で監視しながら自動走行させる実験が、全国に先駆けて沖縄県で今月から実施されることになりました。経済産業省は、今後、観光客や高齢者の移動手段として全国で活用を広げたいとしています。


実験は「ヤマハ発動機」と国の研究機関の「産業技術総合研究所」が共同で行い、ゴルフ場などで使われている電動カートを改良した車両を使います。

「ヤマハ発動機」は安全を確保するため、これまではドライバーが運転席に乗って公道を自動走行させる実験を行ってきましたが、今月26日からドライバーがいない車両を走行させる実験を、初めて実施することになりました。

実験は沖縄県北谷町の観光地で行われ、人が行き来する町の敷地におよそ400メートルにわたって誘導線を埋め込みます。
車両はセンサーで誘導線を読み取りながら時速10キロ程度で自動走行し、前方に人や障害物を確認すると自動的に停止します。
実験中は、車両についたカメラで離れた場所から人が監視し、異常が発生した場合は、遠隔操作で対応するということです。

経済産業省は今回の実験などで安全性が確認できれば、観光客や、過疎地の高齢者の移動手段として、全国で活用を広げたいとしています。

イージー・ニュース

運転うんてんするひとっていないくるま自動じどうはしらせる実験じっけんおこな