「テロなど準備じゅんびざい新設しんせつほう 可決かけつ成立せいりつ

2017年06月15日 12時17分

※1 8

共謀罪きょうぼうざい」の構成こうせい要件ようけんあらためて「テロなど準備じゅんびざい」を新設しんせつする改正かいせい組織そしき犯罪はんざい処罰法しょばつほうは、けさ、参議院さんぎいん本会議ほんかいぎ採決さいけつおこなわれ、自民じみん公明こうめい両党りょうとう日本にっぽん維新いしんかいなどの賛成さんせい多数たすう可決かけつ成立せいりつしました。これにより、一定いってい要件ようけんたすことを条件じょうけん犯罪はんざい実行前じっこうまえ段階だんかい処罰しょばつ可能かのう範囲はんいひろがることになります。

共謀罪きょうぼうざい」の構成こうせい要件ようけんあらためて「テロなど準備じゅんびざい」を新設しんせつする改正かいせい組織そしき犯罪はんざい処罰法しょばつほうは、テロなどの組織そしき犯罪はんざい未然みぜんふせぐため、テロ組織そしき暴力団ぼうりょくだんなどの組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだんが、ハイジャックや薬物やくぶつ密輸入みつゆにゅうなどの重大じゅうだい犯罪はんざい計画けいかくし、メンバーのだれかが資金しきんまたは物品ぶっぴん手配てはい関係かんけい場所ばしょ下見あさみ、そのほか準備じゅんび行為こういった場合ばあい計画けいかくした全員ぜんいん処罰しょばつするとしています。

法案ほうあんは、参議院さんぎいん法務ほうむ委員会いいんかいでの採決さいけつ省略しょうりゃくして、15にちあさひらかれた参議院さんぎいん本会議ほんかいぎ審議しんぎされました。

各党かくとう討論とうろんで、自民党じみんとうは「テロ組織そしきグローバルぐろーばるしており、世界中せかいじゅうどこでもターゲットとなりる。テロを現実げんじつせまった脅威きょういとして認識にんしきし、東京とうきょうオリンピックなどの安全あんぜん開催かいさいけて、万全ばんぜん対策たいさくこうじていかなければならない」とべました。

これにたいし、民進党みんしんとうは「『共謀罪きょうぼうざい』への国民こくみん最大さいだい不安ふあんは、権力けんりょく恣意的しいてき(しいてき)に捜査そうさおこない、内心ないしん自由じゆうおかされるのではないかというてんにある。かずちからによる異例いれい採決さいけつ成立せいりつさせようとする安倍あべ内閣ないかく執行しっこうゆだねたら、どんな運営うんえいをされるのかと不安ふあん際限さいげんなくふくらむ」とべました。

このあと採決さいけつおこなわれ、改正かいせい組織そしき犯罪はんざい処罰法しょばつほう自民じみん公明こうめい両党りょうとう日本にっぽん維新いしんかいなどの賛成さんせい多数たすう可決かけつ成立せいりつしました。

日本にっぽん刑法けいほう体系たいけいでは、犯罪はんざい実行じっこうされれば処罰しょばつするのが原則げんそくですが、改正法かいせいほう成立せいりつによって、一定いってい要件ようけんたすことを条件じょうけんに、犯罪はんざい実行前じっこうまえ段階だんかい処罰しょばつ可能かのう範囲はんいひろがることになります。

改正かいせい組織そしき犯罪はんざい処罰法しょばつほうは、6がつ21にちにも公布こうふされる見通みとおしで、その場合ばあい、7がつ11にち施行しこうされます。

国会こっかい周辺しゅうへんでは

国会こっかい周辺しゅうへんよるとおして反対はんたいうったつづけていたひとたちは、「共謀罪きょうぼうざい」の構成こうせい要件ようけんあらためて「テロなど準備じゅんびざい」を新設しんせつする法案ほうあん採決さいけつはじまると、「強行きょうこう採決さいけつ絶対ぜったい反対はんたい」などとこえげました。そして、参議院さんぎいん本会議ほんかいぎ可決かけつ成立せいりつしたという情報じょうほうつたえられると、あつまったひとたちはおおきなこえで「採決さいけつ無効むこう」とかえし、抗議こうぎ意思いししめしていました。

東京とうきょうの70さい男性だんせいは、「非常ひじょうかなしく、いきどおりをかんじています。市民しみん運動うんどうたいして監視かんしつよまることによって、社会しゃかい閉塞へいそくすることが心配しんぱいです。戦前せんぜん治安維持ちあんいじほうのようにならないように、これからもこえげていくことが必要ひつようだとおもいます」とはなしていました。

また、千葉県ちばけんの63さい女性じょせいは、「国会こっかい審議しんぎすすかたはいいかげんで本当ほんとうにひどいとおもいます。法律ほうりつ対象たいしょう犯罪はんざいにはテロとは関係かんけいのないものがおおふくまれていて理解りかいしがたく、政府せいふ国連こくれん特別とくべつ報告者ほうこくしゃがこの法律ほうりつ懸念けねんしめしていたことを真摯しんし(しんし)にめるべきです」とはなしていました。

まちこえ

東京とうきょう渋谷しぶやはなしきました。40だい男性だんせいは、「法律ほうりつ賛成さんせいなのでよいことだとおもいます。安全あんぜんのためにやりすぎのめんもあるかもしれませんが、犯罪はんざいすこしでもればいいとおもいます」とはなしていました。

55さい会社員かいしゃいん男性だんせいは、「未然みぜん犯罪はんざいふせぐことは必要ひつようだとおもうので法案ほうあんには賛成さんせいですが、国会こっかいかず論理ろんり議論ぎろんくされていないがして、成立せいりつ経緯けいいには納得なっとくがいかない部分ぶぶんがあります」とはなしていました。

一方いっぽう、70だい男性だんせいは、「労働ろうどう組合くみあい原発げんぱつ沖縄おきなわ基地きちたいする反対はんたい運動うんどう監視かんし対象たいしょうになるかもしれません。いま政権せいけんがやることに反対はんたいすることはゆるさないというかんがえがあらわれているとおもいます。良心的りょうしんてき反対はんたいこえもあるなかで、強行きょうこうったことには、そこまでやるのかとおもいました」とはなしていました。

また、40だい男性だんせいは、「基本的きほんてきにあまり関係かんけいないというか、よくわかりません。場合ばあいによってはこの問題もんだい身近みぢかになることもあるかもしれませんが、ちょっと別次元べつじげん議論ぎろんのようなかんじがします」とはなしていました。

テロなど準備じゅんびざい新設しんせつなにわる

「テロなど準備じゅんびざい」の新設しんせつなにわるのか?。おおきな変化へんかは、おおくの犯罪はんざい処罰しょばつがこれまでよりも前倒まえだおしして可能かのうになることです。

「テロ組織そしき」が「資金しきん獲得かくとくするために銀行ぎんこう強盗ごうとうおこなう」というケースで具体的ぐたいてきてます。このケースには、さまざまな段階だんかいがあります。

まず、1.資金しきんようと、ある銀行ぎんこう支店してんおそうことを「計画けいかく」し、2.かおかくすための覆面ふくめん購入こうにゅうするなどの「準備じゅんび」をおこない、3.とびらをこじあけるバールをにして目的地もくてきちかう、より危険性きけんせいたかい「予備よび行為こういて、4.実際じっさい襲撃しゅうげきする「実行じっこう」となります。

いま法制度ほうせいどでは、犯罪はんざい原則げんそくとして、4の「実行じっこう」があってはじめて処罰しょばつされますが、バールをにして犯行はんこう現場げんばかうなど、重大じゅうだい犯罪はんざいきる「客観的きゃっかんてき相当そうとう危険性きけんせい」がある場合ばあい、3の「予備罪よびざい」が適用てきようされることも例外的れいがいてきにあります。
これにたいして、「テロなど準備じゅんびざい」では、1.「計画けいかく」があり、2.計画けいかくしたメンバーのだれか1にんでも「準備じゅんび行為こういをした場合ばあい、メンバーの全員ぜんいん処罰しょばつされます。つまり、犯罪はんざい処罰しょばつがこれまでよりも前倒まえだおしして可能かのうになります。

適用てきよう可否かひ具体例ぐたいれい

「テロなど準備じゅんびざい」が適用てきようされる条件じょうけん国会こっかい審議しんぎ内容ないようもとくわしくてみます。

たとえば、オウム真理教しんりきょうのように、宗教しゅうきょう団体だんたい教祖きょうそ組織的そしきてき殺人さつじん実行じっこうとなはじめたケースが国会こっかい審議しんぎげられました。

このなかで、政府せいふは、「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」となすためには、犯罪はんざい実行じっこうが、宗教しゅうきょう教義きょうぎ不可分ふかぶん関係かんけいにあり、団体だんたい共同きょうどう目的もくてきとなっていることが必要ひつようだとしています。
さらに、犯罪はんざい実行じっこうするために、指揮しき命令めいれいもとづいてうごくチームの存在そんざい摘発てきはつには不可欠ふかけつだとしています。

こうした条件じょうけんたしたうえで、たとえば、団体だんたいどくガスがす使つかった大量たいりょう殺人さつじん計画けいかくし、メンバーのだれかが化学かがく薬品やくひん調達ちょうたつすれば、計画けいかくした全員ぜんいん処罰しょばつできるとしています。

ただ、宗教しゅうきょう団体だんたいが「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」と認定にんていされた場合ばあいでも、団体だんたい実態じったいらない末端まったん信者しんじゃや、犯罪はんざい計画けいかくらずに薬品やくひん調達ちょうたつしたものは、処罰しょばつ対象たいしょうにならないとしています。

また、政府せいふは、「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」の構成員こうせいいんでなくても、密接みっせつ関係かんけいにあって行動こうどうをともにしているもの処罰しょばつ対象たいしょうになりるとしています。

具体例ぐたいれいとしては、暴力団ぼうりょくだんとともに悪徳あくとく行為こういをしている不動産ふどうさん会社がいしゃ社長しゃちょうが、暴力団ぼうりょくだん組長くみちょうらと暴力的ぼうりょくてき地上じあげをしてテナントビルをて、みずからも利益りえきることを計画けいかくするケースをあげています。

では、団体だんたい所属しょぞくしていない3にん若者わかものが、インターネットの掲示板けいじばんつうじてデパートの爆破ばくは計画けいかくし、現場げんば下見したみをしたというケースはどうでしょうか。

政府せいふは、団体だんたいとして活動かつどう継続けいぞくするとはかんがえにくいうえに、3にんでは指揮しき命令めいれい関係かんけい役割やくわり分担ぶんたんなどの組織性そしきせいみとめがたく、「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」と認定にんていすることは想定そうていしていないと説明せつめいしています。

テロなど準備じゅんびざい成立せいりつまでの経緯けいい

「テロなど準備じゅんびざい」の新設しんせつをめぐる経緯けいいかえります。

国際こくさい組織そしき犯罪はんざい防止ぼうし条約じょうやく」が、平成へいせい15ねん通常つうじょう国会こっかい自民じみん公明こうめい両党りょうとう当時とうじ民主党みんしゅとう、それに共産党きょうさんとうなどの賛成さんせい承認しょうにんされ、政府せいふは、条約じょうやくもとめる国内法こくないほう整備せいびのため、おな国会こっかいに「共謀罪きょうぼうざい」をもうける法案ほうあんはじめて提出ていしゅつしました。

しかし、審議しんぎおこなわれず、このとしあき衆議院しゅうぎいん解散かいさんによって、法案ほうあん廃案はいあんになりました。その平成へいせい16ねん通常つうじょう国会こっかい同様どうよう法案ほうあん提出ていしゅつされ、翌年よくねん通常つうじょう国会こっかいはじめて審議しんぎおこなわれましたが、このとき衆議院しゅうぎいん解散かいさんによって廃案はいあんになりました。

度目どめ法案ほうあん提出ていしゅつ同年どうねん特別とくべつ国会こっかいで、30時間じかんあまりの審議しんぎおこなわれました。当時とうじ法案ほうあんは、処罰しょばつ対象たいしょうたんに「団体だんたい」とし、犯罪はんざい実行じっこうけた合意ごうい、つまり「共謀きょうぼう」があれば処罰しょばつできるとしていました。

対象たいしょうとなる犯罪はんざい懲役ちょうえき禁錮きんこ年以上ねんいじょう刑罰けいばつせられる600あまりにのぼり、与野党よやとうからは、「市民しみん団体だんたい労働ろうどう組合くみあい対象たいしょうになる」、「居酒屋いざかやにくわない上司じょうしなぐることで合意ごういしても、処罰しょばつされる」などといった懸念けねんしめされました。

これをけて、与党側よとうがわ民主党みんしゅとうのそれぞれが、処罰しょばつ対象たいしょうを「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」に限定げんていし、処罰しょばつには、合意ごういくわえて一定いってい準備じゅんび行為こういなどを必要ひつようとする修正案しゅうせいあんをまとめ、協議きょうぎおこなわれましたが決裂けつれつしました。

その審議しんぎされないまま、平成へいせい21ねん衆議院しゅうぎいん解散かいさんによって廃案はいあんになりました。そして、東京とうきょうオリンピック・パラリンピックがひらかれることになったことなどをまえ、政府せいふは、「共謀罪きょうぼうざい」の名称めいしょう構成こうせい要件ようけんあらためた「テロなど準備じゅんびざい」を新設しんせつする法案ほうあん国会こっかい提出ていしゅつする方針ほうしんかためました。

いま国会こっかいでは、法案ほうあん提出ていしゅつされるまえから衆参しゅうさん両院りょういん予算よさん委員会いいんかいなどではげしい論戦ろんせんおこなわれ、金田かねだ法務ほうむ大臣だいじん答弁とうべんをめぐって質疑しつぎ中断ちゅうだんするケースもたびたびありました。

また、当初とうしょ政府案せいふあんでは、テロなど準備じゅんびざい対象たいしょう犯罪はんざいが600あまりあり、公明党こうめいとうが「一般いっぱんひと不安ふあんかんじる」と懸念けねんしめしたことなどから、対象たいしょうが277にしぼまれ、3がつ法案ほうあん国会こっかい提出ていしゅつされました。

法案ほうあん審議しんぎした衆議院しゅうぎいん法務ほうむ委員会いいんかいでは、自民じみん公明こうめい両党りょうとう日本にっぽん維新いしんかい修正しゅうせい協議きょうぎおこない、「テロなど準備じゅんびざい」の調しらべのさい録音ろくおん録画ろくがかた検討けんとうすることなどを法案ほうあん付則ふそく明記めいきすることで合意ごうい法案ほうあんは、先月せんげつ19にち衆議院しゅうぎいん法務ほうむ委員会いいんかいで、民進党みんしんとう共産党きょうさんとうなどが抗議こうぎするなか、修正しゅうせいのうえ、可決かけつされました。

衆議院しゅうぎいん法務ほうむ委員会いいんかいでは、安倍あべ総理そうり大臣だいじん岸田きしだ外務がいむ大臣だいじん出席しゅっせきした質疑しつぎや、参考人さんこうにんたいする質疑しつぎおこなわれ、これらをわせた審議しんぎ時間じかんは36時間じかんあまりとなっています。そして、修正しゅうせいされた法案ほうあんは、先月せんげつ23にち衆議院しゅうぎいん本会議ほんかいぎで、自民じみん公明こうめい両党りょうとう日本にっぽん維新いしんかいなどの賛成さんせい多数たすう可決かけつされ、参議院さんぎいんおくられました。

参議院さんぎいんでは、先月せんげつ29にち本会議ほんかいぎで、安倍あべ総理そうり大臣だいじん出席しゅっせきして趣旨しゅし説明せつめい質疑しつぎおこなわれ、その参議院さんぎいん法務ほうむ委員会いいんかい審議しんぎおこなわれましたが、13にち午後ごごに、金田かねだ大臣だいじんたいする問責もんせき決議案けつぎあん提出ていしゅつされて以降いこう審議しんぎおこなわれませんでした。

参議院さんぎいん法務ほうむ委員会いいんかいでの審議しんぎ時間じかんは、参考人さんこうにんたいする質疑しつぎわせて22時間じかん50わかとなっています。これまでのあいだ衆参しゅうさん両院りょういんで、金田かねだ法務ほうむ大臣だいじんたいする不信任ふしんにん決議案けつぎあん問責もんせき決議案けつぎあん、それに、法務ほうむ委員長いいんちょう解任かいにん決議案けつぎあん提出ていしゅつされ、14にち内閣ないかく不信任ふしんにん決議案けつぎあん提出ていしゅつされるなど、与野党よやとうこうから対立たいりつしました。

そして、15にち参議院さんぎいんで、与野党よやとう対立たいりつする法案ほうあんとしては10ねんぶりに、委員会いいんかいでの採決さいけつずに本会議ほんかいぎ採決さいけつおこなわれ、自民じみん公明こうめい両党りょうとう日本にっぽん維新いしんかいなどの賛成さんせい多数たすう可決かけつ成立せいりつしました。

テロなど準備じゅんびざいをめぐる国会こっかい審議しんぎ論点ろんてん

これまでの国会こっかい審議しんぎ論点ろんてんの1つが、こころなか犯罪はんざいかんがえただけで処罰しょばつされるのではないかというてんです。

政府せいふは、こうした懸念けねん払拭ふっしょく(ふっしょく)するために、いわば「歯止はどめ」として、犯罪はんざい計画けいかくしても実行じっこうけた「準備じゅんび行為こうい」がければ処罰しょばつされないとしています。

準備じゅんび行為こうい」の具体例ぐたいれいとしては、法律ほうりつ条文じょうぶんに、資金しきんまたは物品ぶっぴん手配てはい関係かんけい場所ばしょ下見したみなどを明記めいきしたほか、犯行はんこう手順てじゅん訓練くんれんや、標的ひょうてき行動こうどう監視かんしなども想定そうていされると説明せつめいしています。

これにたいして、野党側やとうがわは、ATMでおかね行為こういなど日常にちじょう活動かつどうであっても、捜査そうさ機関きかん犯罪はんざい実行じっこうのための準備じゅんび行為こうい判断はんだんしかねず、「歯止はどめ」にはならないと主張しゅちょうしています。

さらに、捜査そうさ機関きかんが、行為こうい目的もくてき見極みきわめるためとして、市民しみん団体だんたいなどのうごきをつね監視かんしするのではないかと指摘してきしています。

また、「テロなど準備じゅんびざい」の新設しんせつがテロの防止ぼうし役立やくだつかどうかも議論ぎろんされました。政府せいふは、つみ新設しんせつは、日本にっぽんもすでに承認しょうにんしている「国際こくさい組織そしき犯罪はんざい防止ぼうし条約じょうやく」の締結ていけつ不可欠ふかけつで、条約じょうやく締結ていけつできなければ国際的こくさいてき組織そしき犯罪はんざい捜査そうさあなになりかねないとうったえています。

これにたいして、野党側やとうがわは、現在げんざい法体系ほうたいけいにも、重大じゅうだい犯罪はんざい実行前じっこうまえ処罰しょばつする陰謀いんぼうざい予備罪よびざいがあり、条約じょうやく締結ていけつ可能かのうだとしています。

そのうえで、テロなどの組織そしき犯罪はんざい対策たいさく強化きょうかは、個別こべつ犯罪はんざいごとに予備罪よびざいもうけるなどの対応たいおう可能かのうだとしています。さらに、テロなど準備じゅんびつみ一般いっぱんひと処罰しょばつされるのかも激論げきろんわされました。

政府せいふは、こうした不安ふあん解消かいしょうしようと、犯罪はんざい主体しゅたいを「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」としました。「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」には、テロ組織そしき暴力団ぼうりょくだん薬物やくぶつ密売みつばい組織そしき詐欺さぎ集団しゅうだんなどが該当がいとうし、通常つうじょう社会生活しゃかいせいかつおくっているひとであれば、こうした組織そしきかかわることはなく、処罰しょばつ対象たいしょうにはならないと政府せいふ説明せつめいしています。

一方いっぽうで、「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」の構成員こうせいいんではなくても、密接みっせつ関係かんけいにあって行動こうどうをともにしている、わば「周辺しゅうへんしゃ」は、処罰しょばつ対象たいしょうになりるとしています。

こうした説明せつめいたいして、野党側やとうがわは、捜査そうさ機関きかん恣意的しいてき(しいてき)な判断はんだんによって、政府せいふ批判的ひはんてき団体だんたいが「組織的そしきてき犯罪はんざい集団しゅうだん」と認定にんていされかねないと指摘してきしているほか、どのようなひとが「周辺しゅうへんしゃ」となされるのか基準きじゅん不明ふめいで、捜査そうさ機関きかん裁量さいりょうゆだねられていると批判ひはんしています。