ばく事故じこ 核燃料かくねんりょう貯蔵ちょぞう容器ようき点検てんけん方法ほうほうなど見直みなお検討けんとう

2017年06月09日 05時08分

※1 8

茨城県いばらきけん大洗町おおあらいまちにある日本にっぽん原子力げんしりょく研究けんきゅう開発かいはつ機構きこう施設しせつで、点検中てんけんちゅう容器ようきから放射性ほうしゃせい物質ぶっしつり、作業員さぎょういんばくした事故じこけ、原子力げんしりょく機構きこうは、まだ点検てんけんわっていない容器ようきのこされていることから、今後こんご作業さぎょう方法ほうほうなどの見直みなおしを検討けんとうすることにしています。

この事故じこは、今月こんげつにち茨城県いばらきけんにある日本にっぽん原子力げんしりょく研究けんきゅう開発かいはつ機構きこう大洗おおあらい研究けんきゅう開発かいはつセンターの施設しせつで、点検てんけんをしようとした核燃料かくねんりょう貯蔵ちょぞう容器ようき内部ないぶふくろ破裂はれつし、プルトニウムなどをふく放射性ほうしゃせい物質ぶっしつ粉末ふんまつったもので、現場げんばにいた5にんのうち、1にんはいから2まん2000ベクレルの放射性ほうしゃせい物質ぶっしつ計測けいそくされました。

この容器ようきは、過去かこ26年間ねんかん内部ないぶ確認かくにんおこなわれておらず、今回こんかい施設しせつ廃止はいしけて、原子力げんしりょく規制きせいちょう指示しじ核物質かくぶっしつ管理かんり状況じょうきょうなどを調しらべるために点検てんけんおこなわれていました。

原子力げんしりょく機構きこうによりますと、ことし2月以降がついこうわせて80容器ようき点検てんけんすすめてきましたが、事故じこけて作業さぎょうめていて、今回こんかい容器ようき中身なかみおなじ20容器ようきふくめ、およそ50点検てんけんがまだわっていないということです。

さらに、センターないのほかの施設しせつにも放射性ほうしゃせい物質ぶっしつはいった容器ようきおおくあることから、原子力げんしりょく機構きこうは、事故じこくわしい原因げんいん調しらべるとともに、今後こんご点検てんけん方法ほうほうなどの見直みなおしを検討けんとうすることにしています。

一方いっぽう今回こんかい事故じこきた部屋へやには監視かんしカメラがけられていましたが、原子力げんしりょく機構きこうは、録画ろくが機能きのうはなく、当時とうじ作業さぎょう状況じょうきょう検証けんしょうできるような画像がぞうのこされていないとしています。

火災かさい検知けんちなど防災ぼうさい目的もくてき設置せっちされたためで、事故じこ当時とうじ作業台さぎょうだい方向ほうこういておらず、監視かんしするひともいなかったということです。

原子力げんしりょく機構きこうは、今後こんご現場げんばにいた5にんへのりや部屋へや汚染おせんひろがりなどから、事故じこくわしい状況じょうきょう調しらべることにしています。