沖縄県久米島町の海で、重さが380キロを超える超大物のクロマグロが一本釣りで釣り上げられ、地元の漁業関係者などが驚きの声を上げていました。


釣り上げられたのは、体長3メートル5センチ、重さ382キロのクロマグロです。
7日夕方、久米島で30年以上漁業を営む宮平良尚さんが一本釣りで釣り上げ、夜、島の仲里漁港に水揚げしました。

久米島の周辺で360キロを超えるクロマグロはめったに揚がらず、港に集まった漁業関係者などが驚きの声を上げていました。

宮平さんによりますと、釣り上げるのに2時間半かかったということで、「これまでで一番の大物でうれしいのひと言です。釣り上げた夜は興奮して私の足がつりました」と冗談を交えながら話していました。

このクロマグロは9日、競りにかけられるということです。

イージー・ニュース

沖縄おきなわおもさ382kgのおおきなマグロを