スマホのアプリで登山者とざんしゃ位置いち把握はあく実証じっしょう実験じっけん

2017年06月08日 06時33分

※1 8

山岳さんがく遭難そうなんなどのさいにすみやかな救助きゅうじょにつなげようと、スマートフォンのアプリで登山者とざんしゃやまなかのどこをいつ通過つうかしたかを記録きろくするシステムの実証じっしょう実験じっけんが、ことしのなつ浅間山あさまやま富士山ふじさんなどではじまることになりました。

この実証じっしょう実験じっけんは、全国ぜんこく自治体じちたい山岳さんがく関係者かんけいしゃ団体だんたいなどでつくる「全国ぜんこくやま協議会きょうぎかい」がおこなうもので、浅間山あさまやま富士山ふじさんなど全国ぜんこくの4つのやま対象たいしょうです。

登山者とざんしゃがスマートフォンに専用せんようのアプリをれて、これらのやまのぼり、登山道とざんどうわき設置せっちされた受信機じゅしんきよこ通過つうかすると、通過つうか時刻じこくなどのデータが記録きろくされ協議会きょうぎかいのサーバーにおくられる仕組しくみです。下山げざん確認かくにんできない場合ばあいは、事前じぜん登録とうろくした家族かぞくなどのアドレスにメールがとどくほか、通過地つうかちてんのデータから登山者とざんしゃ居場所いばしょしぼみやすくなり、すみやかな救助きゅうじょにつなげられるということです。

浅間山あさまやまでは8がつ11にちの「やま」までに実験じっけんはじまる予定よていで、ふもとの長野県ながのけん小諸市こもろしは、登山口とざんぐちなど6かしょ受信機じゅしんき設置せっちすることにしています。
年前ねんまえ御嶽山おんたけさん噴火ふんかではおおくの登山者とざんしゃがどこでまれたのかを把握はあくするのに時間じかんがかかり、救助きゅうじょ活動かつどう難航なんこうするなど、やまでの遭難そうなん災害さいがい救助きゅうじょでは、登山者とざんしゃ居場所いばしょをいかにはやく把握はあくできるかが重要じゅうようだということです。

協議会きょうぎかいでは「システムが導入どうにゅうされれば課題かだい解消かいしょうにつながる。現在げんざい万人まんにんほどがアプリを使つかっているが、もっとおおくのひと利用りようしてほしい」としています。