スマートフォンやカーナビなどで利用されている、位置情報システムの性能を飛躍的に高める、日本版GPS衛星の「みちびき」が、1日午前9時17分、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットの34号機で打ち上げられ、打ち上げは成功しました。「みちびき」は、年内にさらに2機が打ち上げられ、来年春にも実用化する予定です。


日本版GPS衛星の「みちびき」を載せたH2Aロケットの34号機は、1日午前9時17分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、2本の補助ロケットやロケットの1段目を切り離しながら上昇を続けました。

そして、打ち上げのおよそ29分後、午前9時46分ごろに、「みちびき」を予定どおり、高度275キロ付近で切り離し、打ち上げは成功しました。

日本版GPS衛星の「みちびき」は、アメリカのGPSと同じように、スマートフォンなどの携帯端末で位置情報を得られる衛星で、1つの機体が1日当たり8時間程度、日本付近の上空にとどまる特殊な軌道を飛行します。

「みちびき」は、今回も含めて、ことし中に合わせて3機が打ち上げられる計画で、7年前に試験的に打ち上げられた1機と合わせて4機体制が整えば、常に1機以上が日本付近の上空を飛行するようになり、来年の春以降、実用的に使えるようになります。

アメリカのGPS衛星が、誤差がおよそ10メートルあるのに対し、GPS衛星と「みちびき」を組み合わせて利用すれば、誤差はわずか数センチ程度となり、位置情報システムの性能を飛躍的に高めることになります。

このため産業界では、農業機械や建設機械の自動運転や、ドローンによる自動での物資輸送、それに歩行者用のナビゲーションシステムなど、社会や暮らしを変える新たな技術の開発につながると期待されています。


鶴保科技相「確実な一歩」

「みちびき」の打ち上げ成功について、宇宙政策を担当する鶴保科学技術担当大臣は、種子島宇宙センターで記者会見し、「今回の打ち上げ成功により、『みちびき』の4機体制の確立に向けた確実な一歩を踏み出すことができた。来年度からの正式なサービス開始に向けて3号機と4号機を今年度中に着実に打ち上げるとともに、多くの方がサービスを円滑に利用できるよう関係者と連携していきたい。まずは、自動車の自動運転や農業機械などでの活用が考えられるが、多くのアイデアを募集して、さらなるイノベーションに向けた努力をしていきたい」と述べました。


打ち上げ見守った人は

種子島宇宙センターの発射場からおよそ6キロの場所にある鹿児島県南種子町の展望公園では、家族連れなどおよそ300人が打ち上げの瞬間を見守りました。

子どもと一緒に打ち上げを見た女性は、「ロケットはまっすぐ飛んでいきました。カーナビがもっと正確になれば、私の運転ももっとうまくなるような気がします」と話していました。

また、東京から訪れた男性は、「入社1年目ですが、きょうのロケットのように私の人生も打ち上げを成功させたいです」と話していました。


建設機械の高性能化に寄与

位置情報の誤差を飛躍的に小さくする「みちびき」。期待を寄せる分野の1つが建設業界です。東京の建設機械の販売会社は、アメリカのGPS衛星を利用して操作の一部を自動化する新たなタイプの建設機械を開発し、販売しています。

例えば、GPS衛星を利用するショベルカーの場合、衛星から得た位置情報をもとに、掘るべき深さまで掘り進んだところで自動的に停止する仕組みになっています。その誤差は5センチ以下という精度の高さです。

ただ、アメリカのGPS衛星だけでは誤差が大きいことから、高い精度を実現するためには、工事現場の周辺に電波の発信機を設けて、位置情報を補正するための特別な信号を送る必要があり、その分、コストがかかります。

また、工事現場がビルが建ち並ぶ都市部や山間部の谷間の地区などにある場合は、建物や山などに遮られてGPS衛星からの電波が届きにくいという課題もあります。それが、「みちびき」が実用化すれば、こうした課題が一気に解決するといいます。

1つは、全国どこでも補正信号を得られるようになるため、補正信号を送るための設備が不要になります。また、常に1機以上が、日本の頭上付近を飛行するようになるため、電波も届きやすくなるということです。

GPS衛星を利用した建設機械を販売している日本キャタピラーの本郷毅執行役員は、「2020年の東京オリンピックに向かって東京周辺の工事も佳境を迎えている。『みちびき』によって施工のスピードアップや建設機械の高性能化が実現できるようになる」と話しています。

こうした操作の一部を自動化する建設機械は、建設業界が抱えている人手不足の問題の解決にもつながるのではないかと期待されています。


人手不足の建設業界も期待

こうした操作の一部を自動化する建設機械は、建設業界が抱えている人手不足の問題の解決にもつながるのではないかと期待されています。

鹿児島県志布志市で高速道路の建設工事を請け負っている建設会社は、およそ20人の作業員のうち3分の1が60歳以上です。今後、経験豊かな作業員が次第に減っていくことになりますが、一方で、若い人材の確保は思うように進んでいません。「みちびき」が実用化され、操作の一部を支援する建設機械の導入が進めば、経験が浅い若い人でも難しい工事に携わりやすくなるため、人材も確保しやすくなるのではないかと期待しています。

建設会社の高野栄浩課長は、「機械が技術をカバーしてくれれば、若い人も即戦力になれる。人手不足の解消につながるのではないかと期待している」と話しています。


災害時の活用も

「みちびき」は、災害時の情報共有にも活用が期待されています。津波や噴火、気象に関する警報などが発表された場合、スマートフォンなどの位置情報をもとに該当する地域の人に向けてみちびきから情報を送るシステムの実証実験が進められています。内閣府は、大規模な災害で停電が起き、地上の通信網が途絶えた場合でも衛星からの電波にのせて情報を送れるようにする計画です。

また、それぞれの避難所でどのような支援が必要か、迅速に情報を集めるシステムづくりも進められています。避難している人の名前や年齢、けがの有無などの情報を避難所に設置した専用の端末を通じて「みちびき」に送り、自治体の災害対策本部などと情報共有する仕組みです。

内閣府が平成25年度に行った調査では、地震や津波などの災害によって孤立する可能性がある全国で1万9000余りの集落のうち、およそ半数が無線や衛星携帯電話などの通信手段がないと答えていて、内閣府は災害時の通信手段の1つとしても、みちびきの活用を進めたいとしています。

イージー・ニュース

位置いちらせる日本にっぽん人工じんこう衛星えいせい「みちびき」をげる