米空母 朝鮮半島周辺の日本海に2隻展開 極めて異例

アメリカ軍は空母、ロナルド・レーガンを31日までに日本海に展開させ、すでに周辺海域で活動する空母、カール・ビンソンとともに近く合同の演習を実施する計画です。朝鮮半島周辺の日本海に、空母2隻が同時に展開するのは極めて異例で、北朝鮮のさらなる反発も予想されます。


アメリカ国防総省の複数の当局者によりますと、アメリカ軍は、横須賀基地を拠点とする空母、ロナルド・レーガンを31日までに日本海に展開させたということです。

ロナルド・レーガンは今月16日に横須賀基地を出港後、日本の南の海域で訓練などを続けていましたが、その後、日本の東を北上し、30日、津軽海峡を通過して日本海に入ったということで、すでに周辺海域で活動している空母、カール・ビンソンと連携し、近く合同で演習を実施する計画だということです。

空母2隻が同時に日本海に展開し、合同演習を実施するのは極めて異例で、核とミサイルの開発を加速させる北朝鮮を強く、けん制する狙いがあると見られます。

一方、29日北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、当局者は、これまでの分析の結果、短距離弾道ミサイルの「スカッド」の一種と見られるとしたうえで、このミサイルとは別にもう1発、短距離の飛しょう体を発射していたことを明らかにしました。

アメリカ軍は北朝鮮がミサイルを発射した29日、グアムから飛来したB1爆撃機2機を、韓国軍の戦闘機とともに朝鮮半島周辺の上空を飛行させるなど、活発な活動を続けていて、今後、北朝鮮のさらなる反発も予想されます。

イージー・ニュース

日本海にほんかいにアメリカのぐんの2つの空母くうぼ