1トン近い闘牛が逃げ出す 約1時間後に捕獲 愛媛 宇和島

2017年05月28日 20時40分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

28日夕方、愛媛県宇和島市の市営の闘牛場から、体重が1トン近くある闘牛用の牛1頭が逃げ出しました。牛はおよそ1時間後に付近の路上で捕獲され、けがをした人はいませんでした。

28日午後6時前、愛媛県宇和島市和霊町にある市営の闘牛場から闘牛用の牛1頭が逃げ出しました。
宇和島市によりますと、逃げた牛は体重がおよそ800キロから900キロあり、当初は興奮した状態でしたが、およそ1時間後に付近の路上で警察官や闘牛の関係者らに取り押さえられたということです。
闘牛場の周囲に住宅などはなく、けがをした人はいませんでした。

闘牛の関係者によりますと、逃げた牛は、28日の日中に行われた試合で足にけがをして、治療のため麻酔をかけられていましたが、担当者が持っていたロープを振り切って逃げたということです。

警察と市は、安全管理に問題がなかったかどうかなど、当時の状況を詳しく調べています。

闘牛場の担当者「この40年で初めて」

宇和島市観光物産協会で闘牛場を担当する坂本健二さんは「牛はふだんはおとなしい性格で、暴れるようなことはありません。この40年でこのようなことは初めてです」と話しています。
今回の件を受けて、宇和島市などは再発防止策を検討することにしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。