たけのいかだ”で台湾たいわんから沖縄おきなわへ 3まん年前ねんまえ航海こうかい 来月らいげつ実験じっけん

2017年05月24日 20時28分

“竹のいかだ”で台湾から沖縄へ 3万年前の航海 来月実験
※1 8

およそ3まん年前ねんまえ人類じんるいがどのようにいま台湾たいわんから沖縄おきなわわたったのか検証けんしょうしている国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかんなどのグループが、去年きょねん沖縄県おきなわけんった「くさふね」による実験じっけん航海こうかいつづいて、今度こんど来月らいげつ中旬ちゅうじゅん台湾たいわんで「たけのいかだ」による実験じっけん航海こうかい挑戦ちょうせんすることになりました。

人類史じんるいし研究けんきゅうしている国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかんなどのグループは、去年きょねんがつ十分じゅうぶん道具どうぐもなかったとされるおよそ3まん年前ねんまえ状況じょうきょう想像そうぞうしてつくった「くさふね」で、沖縄県おきなわけん与那国島よなぐにじまから西表島いりおもてじままでのおよそ75キロの実験じっけん航海こうかい挑戦ちょうせんしましたが、ふねしおながされたため、全体ぜんたい半分はんぶん以上いじょう区間くかん自力じりきでの航海こうかい見合みあわせ、伴走船ばんそうせんかれることになりました。

こうした結果けっかけて、グループでは実験じっけん航海こうかいすすかたあらためて検討けんとうし、24にち東京とうきょう上野うえの国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかん記者会見きしゃかいけんひらいて、あらたな方針ほうしんあきらかにしました。それによりますと、今度こんど来月らいげつ中旬ちゅうじゅん台湾たいわんで、現地げんち自生じせいするたけ使つかってながさ10メートル、はば80センチの5人乗にんのりのいかだをつくり、実験じっけん航海こうかい挑戦ちょうせんするということです。

グループでは、台湾たいわん東海岸ひがしかいがん出発しゅっぱつして黒潮くろしお一部いちぶがかかる海域かいいきわたり、およそ30キロ沖合おきあいにあるしま目指めざすことにしていて、すくなくとも10時間じかんはかかると見込みこんでいます。

グループによりますと、たけのいかだはくさふねくらべて、切断せつだんしたりげたりする加工かこうむずかしい一方いっぽうで、浮力ふりょくおおきく、スピードが可能性かのうせいがあるということです。

グループの代表だいひょうつとめる国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかん海部かいふ陽介ようすけさんは、「たけのいかだで、どれだけ浮力ふりょくられるか、そしてどれだけスピードがるかをりたい。十分じゅうぶん道具どうぐもなかったとられる3まん年前ねんまえひとたちがどうやって黒潮くろしおえることができたのか、そのがかりをつかみたい」とはなしています。