東京とうきょうスカイツリー 開業かいぎょうから5ねん記念きねんイベント

2017年05月22日 12時12分

※1 8

東京とうきょうスカイツリーが開業かいぎょうして22にちで5ねんむかえ、おとずれたひと記念きねんのハンカチをくばるなどのイベントがおこなわれました。

東京とうきょうスカイツリーは22にち開業かいぎょうから5ねんむかえ、記念きねんのイベントがおこなわれました。

このうち、ちかくの広場ひろばでは運営会社うんえいがいしゃ関係者かんけいしゃなどが、地元じもと墨田区すみだくはなとなっているツツジの苗木なえぎ記念きねん植樹しょくじゅおこないました。このあと、併設へいせつする商業しょうぎょう施設しせつふくめて、おとずれたひとにスカイツリーや富士山ふじさんなどのしゅうをあしらったハンカチがくばられていました。

年前ねんまえ開業かいぎょうわせて婚姻届こんいんとどけし、そのさいにスカイツリーのした記念きねん撮影さつえいをしたという30だい夫婦ふうふは「わたしたちにとってもどもができるなど、この5年間ねんかんはあっというでした。今後こんごもスカイツリーとともに家族かぞく成長せいちょうかえることができればうれしいです」とはなしていました。

運営会社うんえいがいしゃによりますと、この5年間ねんかんにスカイツリーをおとずれたひとは2700万人まんにんえていて、最近さいきんでは外国人がいこくじん観光客かんこうきゃく割合わりあいえているということで、東京とうきょうオリンピック・パラリンピックを3年後ねんごひかえ、運営会社うんえいがいしゃでは盆踊ぼんおどりなどのイベントを実施じっしし、おとずれるひと増加ぞうか目指めざしたいとしています。