62円に値上げの切手とはがき 販売開始

2017年05月15日 11時44分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

52円の郵便切手やはがきが、来月、62円に値上げされるのを前に、全国の郵便局などでは15日から新しい料金の切手やはがきの販売が始まりました。

日本郵便は、郵便物が減少し人件費も高騰していることから、来月1日、消費税率の引き上げを除くと23年ぶりに郵便料金を改定し、52円の切手とはがきを62円に値上げします。

全国の郵便局などでは、15日から新しい料金の切手とはがきの販売が始まりました。

このうち、東京・千代田区の東京中央郵便局を訪れた70代の男性は「ボランティア活動のお知らせを送る時にはがきを使うので購入しました。値上げはないほうがよいが、ヤマト運輸も値上げを決めるような状況で、しかたがないと思います」と話していました。

52円の切手やはがきの販売は今月末で終わりますが、年賀はがきは52円のままで据え置かれます。

来月1日の価格改定では、「定形外郵便物」も新たに定められた規格を超える物は重さによって80円から150円値上げされるほか、「ゆうメール」も規格を超える物は重さによって85円から100円値上げされます。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。