北海道釧路市で14日、サクラの開花が発表されました。気象台や測候所の観測では全国で最も遅いサクラの開花の発表です。


釧路地方気象台は14日、釧路市内の公園で開花の目安にしている「エゾヤマザクラ」の木に5輪以上の花が咲いているのを確認し、釧路市でサクラが開花したと発表しました。
釧路市のサクラの開花は平年より3日早く、去年より4日遅くなっていて、気象台や測候所の観測では全国で最も遅い開花の発表になりました。
ことしのサクラ前線は、1月14日に沖縄で「ヒカンザクラ」が開花してから4か月かけて日本列島を縦断し、釧路市に到達したことになります。
14日の釧路市は曇り空で午前10時の気温が4度1分と4月中旬並の肌寒さとなりました。公園を訪れた19歳の女性は「まだまだ寒いのでサクラが咲いたと聞いて驚きました。よく利用する公園なので早く満開になった姿を見せてほしいです」と話していました。

イージー・ニュース

北海道ほっかいどう釧路市くしろし 日本にっぽんでいちばんおそさくらいた