東京・武蔵野市の井の頭自然文化園で飼育され、去年5月に国内最高齢の69歳で死んだゾウの「はな子」の銅像がJR吉祥寺駅前に完成し、5日、除幕式が行われました。


去年5月に国内最高齢の69歳で死んだゾウの「はな子」は、長年、井の頭自然文化園を訪れる多くの人たちに親しまれていました。

この在りし日の「はな子」の姿を後世に伝えようと、地元の武蔵野市などは寄付金を募って銅像をJR吉祥寺駅前に整備し、5日、完成した銅像の除幕式が行われました。

除幕式の会場には関係者や市民などおよそ300人が集まり、「はな子」の像がお披露目されると大きな拍手が起こりました。

「はな子」の銅像は全長が2メートル50センチ、高さが1メートル50センチで、鼻先と片足を上げて駅前を訪れる人たちにあいさつをしているようなしぐさを表現しています。

銅像をデザインした笛田亜希さんは「はな子を愛していた市民の皆さんや飼育員の方々に『はな子が帰ってきた』と少しでも思ってもらえような銅像になればうれしいです」と話していました。

イージー・ニュース

去年きょねん69さいんだぞうの「はな」のぞうができる