日ロ首脳会談-北方領土の共同現地調査や特別墓参など合意

2017年04月28日 04時40分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

ロシアを訪れている安倍総理大臣はプーチン大統領との首脳会談に臨み、北方領土での共同経済活動の実現に向けて来月にも共同で現地調査を行うことや、北方領土の元島民による航空機を使った特別墓参を実施することなどで合意しました。また、両首脳は、緊張が高まる北朝鮮情勢への対応で、国連の場を含めて協力していくことで一致しました。

ロシアを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の27日午後8時半すぎから、首都モスクワのクレムリンでプーチン大統領との日ロ首脳会談に臨みました。

安倍総理大臣とプーチン大統領の首脳会談は、第1次安倍内閣を含めると17回目で、会談は、少人数会合、通訳だけを交えた首脳どうしのもの、それに、両国の企業関係者も交えた拡大会合という形式で、3時間余りにわたって行われました。

会談の冒頭、プーチン大統領は「日本はロシアのよきパートナーだ。去年、山口で話した結果、いろいろな合意が達成されたが、今までの数か月間でかなり進展が見られる」と述べました。これに対し、安倍総理大臣は「経済では8項目の協力プランで進展が見られる。きょうは平和条約問題を含む2国間関係、安全保障の問題、そして地域情勢について、2人で率直に話したい」と述べました。

そして、両首脳は北方領土での共同経済活動をめぐり、実施する事業の選定を進めるため、来月にも企業経営者も交えて共同で現地調査を行うことで合意しました。

また、北方領土の元島民による四島への墓参をめぐり、ことし6月に航空機を初めて利用した国後島と択捉島への特別墓参を実施するほか、8月に予定されている歯舞群島への墓参の際に、これまで国後島の古釜布の1か所で行われてきた出入域手続きを、歯舞群島付近で行うことでも合意しました。

首脳会談に同席した政府関係者は「こうした取り組みを積み重ね、四島における協力で成果を出し、その姿を日本人と現在四島に住むロシア人が実感することが平和条約問題解決の意義に対する理解につながる」と述べました。

さらに、両首脳は、ことし7月にドイツのハンブルクで行われるG20サミットの際に会談することで一致したほか、安倍総理大臣は、ことし9月にウラジオストクで開かれる経済フォーラムに去年に続いて出席する意向を示しました。

一方、安倍総理大臣が、緊張が高まる北朝鮮情勢への対応でロシアが建設的な役割を果たすよう促したのに対し、プーチン大統領は北朝鮮のミサイル発射や核実験に対する懸念を示し、国連の場を含めて協力していくことで一致しました。

さらに、安倍総理大臣はウクライナ情勢を改善するには停戦合意以外に道はなく、ロシアを含むすべての当事者が建設的な行動をすべきだとプーチン大統領に伝えました。

首脳会談の後、両首脳はそろって共同記者発表に臨み、安倍総理大臣は北方領土問題を含む平和条約交渉について、「ウラジーミルと私の間で平和条約の締結への道を進んでいきたい。平和条約問題を解決するという2人の合意に基づき、ゴールに向けて協力を力強いものにしたい」と述べました。これに対して、プーチン大統領は「ロシアと日本は最も難しい問題の解決に向けた準備ができている」と述べたうえで、平和条約について、「両国の国益にかなわなければならない」と述べました。

また、安倍総理大臣は、緊張が高まる北朝鮮情勢について、「引き続き日ロで緊密に協力し、北朝鮮に対して、安保理決議を完全に順守し、さらなる挑発行為を自制するよう働きかけていくことで一致した」と述べました。一方、プーチン大統領は「レトリックに陥ることなく落ち着いて対話を続けていくべきで、6か国協議を再開することが必要だ」と述べ、2008年を最後に中断している6か国協議を再開させる重要性を強調しました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。