箱根山の宿泊施設への温泉供給-全面的に再開

おととし火山活動が活発化し、一部の地域に避難指示が出された神奈川県の箱根山の70軒の宿泊施設で、止まったままになっていた温泉の供給が20日までにほぼ全面的に再開されました。


箱根山ではおととし5月、火山活動の活発化によって火口周辺警報が発表され、観光地として知られる大涌谷の周辺に避難指示が出されました。

こうした中、大涌谷から温泉の供給を受けていた箱根町の仙石原地区のおよそ70軒の宿泊施設では、火山活動の影響で温泉を引く設備が壊れたため供給が止まったままになっていました。

温泉の供給会社によりますと、大涌谷周辺への立ち入り制限が解除された去年4月以降進められてきた設備の復旧作業がほぼ終わり、20日までにほとんどの施設で温泉の供給が再開されたということです。

箱根山に出されていた火口周辺警報と避難指示はすでに解除され、地元の観光協会によりますと、一時落ち込んでいた観光客の数も火山活動が活発化する前とほぼ同じ水準に戻っているということです。

今回、温泉の供給が再開されたことで、おととしの火山活動による影響はほぼ解消された形となりました。

箱根町観光協会の高橋始専務理事は「箱根にとって温泉は生命線であり、供給の再開は大変喜ばしいことです。これを契機にさらに多くの観光客に来てもらえるよう取り組んでいきます」と話しています。


温泉供給が再開された旅館は

仙石原地区にある温泉旅館「伊藤山荘」では、おととしの6月に温泉の供給が完全に止まりました。このため旅館では水道水をボイラーで沸かし薬草を入れた風呂を提供してきましたが、宿泊客の数は以前よりも少ない状態が続いていたということです。
およそ2年ぶりに温泉の供給が再開されたことを受け、旅館の経営者は20日、常連の宿泊客に電話をかけ、再び乳白色の温泉を楽しめるようになったことを知らせていました。
旅館を経営する伊藤恭二さんは「温泉が出てほっとしています。以前は温泉が出ることが当たり前でしたが、ありがたみを実感しています。大型連休の前に供給が再開されて本当によかったです」と話していました。

イージー・ニュース

箱根はこね仙石原せんごくはら地区ちく-ホテルや旅館りょかん温泉おんせんもど