韓国で、来月9日に投票が行われる大統領選挙は、17日から公式の運動期間に入り、革新系の最大政党「共に民主党」のムン・ジェイン(文在寅)候補と、中道系の政党「国民の党」のアン・チョルス(安哲秀)候補の事実上2人の争いになる見通しです。


韓国では、パク・クネ(朴槿恵)前大統領が一連の事件で罷免されたことを受け、ことし12月から前倒しされて来月9日に投票が行われる大統領選挙が、17日から公式の運動期間に入りました。

5年ぶりとなる今回の選挙には15人が立候補していて、このうち、革新系の最大政党「共に民主党」の前代表、ムン・ジェイン候補は、パク前大統領の出身地、南部のテグ(大邱)で最初の演説を行いました。この中で、ムン氏は「皆さんの支持を得たパク前大統領が逮捕されるに至ったことに怒りを表すときだ。安全保障が心配だという有権者もいるが、北との衝突が起きたのはすべて保守政権のときで、私なら国民の安全を守ることができる」と訴えました。

また、中道系の政党「国民の党」の元共同代表、アン・チョルス候補は、午前0時すぎから、ソウル近郊のインチョン(仁川)にある海上交通管制センターを訪問し、「295人が亡くなった旅客船セウォル号の事故から3年になる。国民の生命と安全が守られる国を必ずつくる」と強調しました。

最新の世論調査によりますと、5つの政党の公認候補の支持率は、ムン候補が40%、アン候補が37%、それに、旧与党の保守系政党「自由韓国党」のホン・ジュンピョ(洪準杓)候補が7%となっていて、当初、独走状態だったムン氏を、アン氏が急速に追い上げる形になっていて、事実上2人の争いになる見通しです。

およそ3週間にわたる選挙戦では、挑発を繰り返す北朝鮮の核・ミサイル開発をどう食い止めるのかなど、安全保障政策も重要な争点として浮上していて、パク前大統領の支持基盤だった保守層をいかに取り込むのかも、勝敗を左右しそうです。

イージー・ニュース

韓国かんこく-あたらしい大統領だいとうりょうえら選挙せんきょはじまる