翻訳ほんやくアプリ AI活用かつよう急速きゅうそく進化しんか 日本語にほんごへの対応たいおうすす

2017年04月17日 06時13分

※1 8

コンピューターが外国語がいこくご翻訳ほんやくするスマートフォンのアプリは、日本語にほんごへの対応たいおうむずかしいとされ、おくれていましたが、AI=人工じんこう知能ちのう活用かつよう技術ぎじゅつ急速きゅうそく進化しんかし、IT大手おおて各社かくしゃ相次あいついで対応たいおうすすめています。

このうち、IT大手おおてのマイクロソフトは、今月こんげつ翻訳ほんやくアプリを日本語にほんご対応たいおうさせました。

このアプリは、言語げんごことなるひとどうしが音声おんせい会話かいわをできるもので、たとえば、日本語にほんごはなしかけると、AIが英語えいごなどに翻訳ほんやくし、相手あいてのスマートフォンの画面上がめんじょう文字もじ表示ひょうじしたうえで音声おんせいげます。

アプリは無料むりょうで、英語えいごのほか、中国語ちゅうごくごアラビアあらびあなどわせて10かこく対応たいおうし、同時どうじに100にんまで会話かいわのやりりができるということです。

日本にほんマイクロソフトまいくろそふと榊原さかきばらあきら最高さいこう技術ぎじゅつ責任者せきにんしゃは「使つかえば使つかうほどAIが学習がくしゅう翻訳ほんやく精度せいどたかまるので、さまざまな場面ばめんおおくのひとたちに使つかってほしい」とはなしていました。

一方いっぽう、IT大手おおてのグーグルは、カメラで撮影さつえいした文字もじ瞬時しゅんじ翻訳ほんやくできる無料むりょうのアプリで日本語にほんご対応たいおうしました。

まちなかの地図ちず案内板あんないばん、それに飲食店いんしょくてんのメニューなどを撮影さつえいすると、簡単かんたん単語たんごであればその翻訳ほんやくされ、会社かいしゃは、日本にっぽんおとずれた外国人がいこくじん観光客かんこうきゃくへの普及ふきゅう期待きたいしています。

翻訳ほんやくアプリが相次あいついで日本語にほんご対応たいおうしたのは、コンピューターがみずから学習がくしゅうふかめていくディープラーニングとばれる技術ぎじゅつなど、AIをれたことで翻訳ほんやく精度せいど急速きゅうそく進化しんかしているためで、日本にっぽんのメーカーのあいだでも開発かいはつ活発かっぱつすすめられています。