卓球アジア選手権-平野が日本勢21年ぶりの優勝

中国で開かれている卓球のアジア選手権は15日、女子シングルスの決勝が行われ、日本の17歳、平野美宇選手が中国の選手にストレート勝ちし、日本勢として1996年以来、10大会ぶりの優勝を果たしました。


卓球のアジア選手権は、ほぼ2年に1回開かれている大会で、女子シングルスに出場した世界ランキング11位の平野選手は、14日の準々決勝でリオデジャネイロオリンピックの金メダリスト、世界ランキング1位の中国の丁寧選手に競り勝つなど、強豪を次々と破って決勝に進みました。

決勝は、世界5位で中国の陳夢選手と対戦となり、平野選手は序盤から速いテンポの攻撃から強烈なスマッシュを決めるなどして2ゲームを奪いました。続く、3ゲーム目も正確なショットでラリーを制し、キレのあるサーブも決めてポイントを重ね、強豪相手に最後まで主導権を握り、ゲームカウント3対0でストレート勝ちしました。

平野選手はこの大会初優勝で、女子シングルスでの日本勢の優勝は、1996年の小山ちれ選手以来、10大会ぶりです。


平野「自分がいちばんびっくりしている」

平野選手は「相手はみんな自分より上の選手だったので自分の力を出して勝とうという気持ちで臨みました。まさか優勝できるとは思わなかったので自分がいちばんびっくりしています」と話していました。

そのうえで、「ワールドカップや全日本選手権で優勝したときは、中国の選手と対戦していなかったので、少しは実力を証明できたのかなと思います」と手応えを話しました。そして、来月開幕する世界選手権に向けては、「ここで優勝したことで海外の選手からも警戒されると思いますが、さらに上をいってやるという気持ちで頑張りたい」と話していました。


平野選手が日本勢として10大会ぶりの優勝を果たしたことについて、山梨県中央市に住む母親の真理子さんは「試合中の表情を見てもすごく落ち着いていて、私の想像を超える成長をしたと思います。去年のワールドカップで優勝しましたが、中国の選手は出ていなかったので、今回の優勝こそ、世界チャンピオンの称号を与えてあげたい。美宇の夢は東京オリンピックなので、またそこに向けて頑張ろうねと言いたいです」と話していました。

イージー・ニュース

アジアの卓球たっきゅう大会たいかい平野ひらの美宇みう選手せんしゅはじめて優勝ゆうしょうする