インドの学校で日本式の運動会

2017年04月15日 19時09分 NewsWebEasy
仮名がなレベル

綱引きや大縄跳びなどの団体競技を行ってチームごとに順位を競う、日本式の運動会がインドの学校で15日に行われ、地元の子どもたちが日本でおなじみの競技に挑戦しました。

この運動会は運動会の企画や運営を行っている日本のNPO法人が、誰でも楽しみながら参加し、チームワークや協調性を学ぶことができる日本式の運動会のよさを、インドの人たちに知ってもらおうと開かれました。首都ニューデリーの学校のグラウンドには、小学生から高校生までおよそ1400人が集まり、赤や青など4つのチームに分かれて参加しました。綱引きなど日本の運動会ではおなじみの競技も、インドの子どもたちにとっては目新しかったようで、中でも大縄跳びでは、ほとんどのチームが呼吸が合わず1回も飛べませんでしたが、子どもたちは笑顔で挑戦していました。

参加した子どもたちは「インドのスポーツ大会と全く違う競技ばかりで、とても楽しかった。チームワークの大切さを学びました」と話していました。

運動会を主催したNPO法人の代表は「インドの子どもたちの心からの笑顔を見られて、本当にやってよかったなと思いました。日本が誇るスポーツ文化である運動会の魅力をインドに広めていきたい」と話していました。NPO法人では今後、ニューデリーの別の学校でも同じような運動会を開く予定だということです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。