インドの学校がっこう日本式にほんしき運動会うんどうかい

2017年04月15日 19時09分

※1 8

綱引つなひきやだい縄跳なわとびなどの団体競技だんたいきょうぎおこなってチームごとに順位じゅんいきそう、日本式にほんしき運動会うんどうかいがインドの学校がっこうで15にちおこなわれ、地元じもとどもたちが日本にっぽんでおなじみの競技きょうぎ挑戦ちょうせんしました。

この運動会うんどうかい運動会うんどうかい企画きかく運営うんえいおこなっている日本にっぽんのNPO法人ほうじんが、だれでもたのしみながら参加さんかし、チームワークや協調性きょうちょうせいまなぶことができる日本式にほんしき運動会うんどうかいのよさを、インドのひとたちにってもらおうとひらかれました。首都しゅとニューデリーの学校がっこうのグラウンドには、小学生しょうがくせいから高校生こうこうせいまでおよそ1400にんあつまり、あかあおなど4つのチームにかれて参加さんかしました。綱引つなひきなど日本にっぽん運動会うんどうかいではおなじみの競技きょうぎも、インドのどもたちにとっては目新めあたらしかったようで、なかでもだい縄跳なわとびでは、ほとんどのチームが呼吸こきゅうわず1かいべませんでしたが、どもたちは笑顔えがお挑戦ちょうせんしていました。

参加さんかしたどもたちは「インドのスポーツ大会たいかいまったちが競技きょうぎばかりで、とてもたのしかった。チームワークの大切たいせつさをまなびました」とはなしていました。

運動会うんどうかい主催しゅさいしたNPO法人ほうじん代表だいひょうは「インドのどもたちのこころからの笑顔えがおられて、本当ほんとうにやってよかったなとおもいました。日本にっぽんほこるスポーツ文化ぶんかである運動会うんどうかい魅力みりょくをインドにひろめていきたい」とはなしていました。NPO法人ほうじんでは今後こんご、ニューデリーのべつ学校がっこうでもおなじような運動会うんどうかいひら予定よていだということです。