PM2.5大幅おおはば改善かいぜん 中国ちゅうごく対策たいさくすすんだ影響えいきょう

2017年04月04日 05時29分

※1 8

健康けんこうへの影響えいきょう指摘してきされている大気たいき汚染おせん物質ぶっしつ「PM2.5」の濃度のうどが、平成へいせい27年度ねんど全国ぜんこく観測点かんそくてんの7わり以上いじょうくに基準きじゅん達成たっせいし、まえ年度ねんどくらべて2ばいちかくに改善かいぜんしたことがわかりました。環境省かんきょうしょうは、中国ちゅうごく大気たいき汚染おせん対策たいさくすすんだことなどが影響えいきょうしたと分析ぶんせきしています。

「PM2.5」は、ぜんそくや気管支炎きかんしえんこすとされる大気たいき汚染おせん物質ぶっしつで、国内こくない工場こうじょう自動車じどうしゃなどから排出はいしゅつされるほか、中国ちゅうごく大陸たいりくからはこばれてくる「越境えっきょう汚染おせん」の影響えいきょう指摘してきされています。

環境省かんきょうしょうは、健康けんこうまもるために維持いじすることがのぞましい基準きじゅんとして、空気中くうきちゅうの1立方りっぽうメートルあたりの濃度のうどを1にち平均へいきんで35マイクログラム以下いかなどとさだめていますが、平成へいせい27年度ねんどは、全国ぜんこく観測点かんそくてんの75%にたる570の地点ちてんで、この基準きじゅん達成たっせいしたことがわかりました。これは、まえ年度ねんどの38%にくらべ2ばいちかくに改善かいぜんしています。

理由りゆうについて環境省かんきょうしょうは、中国ちゅうごく国内こくない大気中たいきちゅう濃度のうどがおととしまでの2年間ねんかんでおよそ2わり減少げんしょうするなど、大気たいき汚染おせん対策たいさくすすんだことや、平成へいせい27ねんの4がつごろは全国的ぜんこくてきみなみりのかぜきやすく、中国ちゅうごくから「PM2.5」がはこばれにくい気象きしょう条件じょうけんだったことなどをげています。

一方いっぽうで、中国ちゅうごくちか九州きゅうしゅう北部ほくぶ瀬戸内海せとないかい沿岸えんがんでは、依然いぜんとして達成率たっせいりつひくいことから、環境省かんきょうしょうつづき、中国ちゅうごくとの技術ぎじゅつ協力きょうりょくなどをつうじて対策たいさくすすめることにしています。