文科省もんかしょう天下あまくだりあっせん 違反いはん総数そうすう62けん

2017年03月30日 17時20分

※1 8

松野まつの文部科学大臣もんぶかがくだいじんは、天下あまくだりのあっせん問題もんだいについて、最終的さいしゅうてき調査ちょうさ結果けっか発表はっぴょうし、あらたに35けん事案じあん国家こっか公務員法こうむいんほう違反いはんにあたると認定にんていしたうえで、判明はんめいした違反いはん総数そうすうは62けんとなったことをあきらかにしました。また、退職者たいしょくしゃふくむ43にん懲戒ちょうかい処分しょぶんなどをけ、文部科学省もんぶかがくしょうとして過去かこれいがない規模きぼとなりました。

文部科学省もんぶかがくしょうは、退職者たいしょくしゃなどの再就職さいしゅうしょく組織的そしきてきにあっせんしていたなどとして、これまでに27けん事案じあん国家こっか公務員法こうむいんほう違反いはんすると認定にんてい全容ぜんよう解明かいめいけて、弁護士べんごしなどの有識者ゆうしきしゃくわえた省内しょうない調査班ちょうさはんで、すべての職員しょくいん退職者たいしょくしゃ対象たいしょうに、およそ2かげつにわたって調査ちょうさすすめてきました。

これについて、松野まつの文部科学大臣もんぶかがくだいじんは、午後ごごから記者会見きしゃかいけんひらき、最終的さいしゅうてき調査ちょうさ結果けっか発表はっぴょうし、あらたに35けん事案じあん国家こっか公務員法こうむいんほう違反いはんにあたると認定にんていしたうえで、ことし1がつに、一連いちれん問題もんだい公表こうひょうして以降いこう判明はんめいした違反いはん総数そうすうが62けんとなったことをあきらかにしました。

あらたにあきらかになった違反いはん事案じあんなかには、私立しりつ学校法人がっこうほうじん審査しんさなどを所管しょかんするわたし学部がくぶのトップにあたるわたし学部長がくぶちょうが、文部科学省もんぶかがくしょう退職者たいしょくしゃ再就職さいしゅうしょくさせるために、私立しりつ大学だいがく紹介しょうかいしていたということです。
また、文部科学省もんぶかがくしょう人事課じんじかが、外務省がいむしょう内閣府ないかくふから職員しょくいん情報じょうほう入手にゅうしゅしたうえで、国立くにたち大学だいがく紹介しょうかいし、再就職さいしゅうしょくおこなわれた事案じあんなどもふくまれています。

一方いっぽう天下あまくだりの規制きせい強化きょうかされたあと、違法いほう再就職さいしゅうしょくのあっせんの仕組しくみが、だれ指示しじで、どのように構築こうちくされたかについては、十分じゅうぶん物証ぶっしょう証言しょうげんられなかったとして、今回こんかい調査ちょうさでは、あきらかにならなかったとしています。

また、松野まつの大臣だいじんは、調査ちょうさ結果けっかわせて30日付にちづけで退職者たいしょくしゃふくむ37にん追加ついか懲戒ちょうかい処分しょぶんなどにしたと発表はっぴょうし、このうち職員しょくいんにん停職ていしょく、8にん減給げんきゅう、3にん戒告かいこくとなりました。
これにより、これまでに退職者たいしょくしゃふくむ43にん懲戒ちょうかい処分しょぶんなどをけたことになり文部科学省もんぶかがくしょうとして過去かこれいがない規模きぼとなりました。

さらに再発さいはつ防止策ぼうしさくについて、外部がいぶ第三者だいさんしゃ参加さんかする組織そしきあらたにもうけて、職員しょくいん再就職さいしゅうしょく法律ほうりつ違反いはんしていないかつね確認かくにんすることや、げん役職員やくしょくいんとOBのかかわりかた見直みなおして、ルールすることを検討けんとうするとしています。

違法いほう天下あまくださき 半数はんすうちょう大学だいがく

今回こんかい国家こっか公務員法こうむいんほう違反いはんすると認定にんていされた62けん天下あまくださきをみると、大学だいがく学校法人がっこうほうじんが33けん半数はんすうえています。このほかは独立行政法人どくりつぎょうせいほうじん一般いっぱん社団法人しゃだんほうじんなどの団体だんたいが19けん保険ほけん会社がいしゃ銀行ぎんこうといった民間みんかん企業きぎょうは7けんなどでした。
大学だいがくへの再就職さいしゅうしょく役員やくいん事務じむ局長きょくちょうなど大学だいがく運営うんえい経営けいえいにたずさわるポストがおおく、早稲田大学わせだだいがく慶応大学けいおうだいがく上智大学じょうちだいがくなどもふくまれていました。

その1つの慶応大学けいおうだいがく関係者かんけいしゃは、大学だいがく天下あまくだりをれる理由りゆうについて、「大学だいがくとしてくにから補助金ほじょきんける立場たちばであり、文部科学省もんぶかがくしょうとのつきあいは重要じゅうようだ。実際じっさいには、OBがさほど仕事しごとをしなくてもなにかあったとき用心棒ようじんぼうとしてれている」とはなしています。

あっせんの仕組しくみと懲戒ちょうかい処分しょぶん

最終さいしゅう報告ほうこくによりますと、文部科学省もんぶかがくしょう違法いほう天下あまくだりは平成へいせい21ねんに、国家こっか公務員法こうむいんほう改正かいせいされ、天下あまくだりの規制きせいきびしくなったあと組織そしきぐるみでおこなわれていました。62けん違法いほう天下あまくだりなどのうち人事課じんじかがOBの嶋貫しまぬき和男かずお仲介役ちゅうかいやくなどとしてったものは39けんありました。これらの手口てぐち平成へいせい22年以降ねんいこう人事課じんじか作成さくせいした「ぎメモ」などを使つかいながらすくなくとも去年きょねんがつごろまでつづけられていました。
また、人事課じんじか嶋貫しまぬきかいさずに事務じむ次官じかん人事じんじ課長かちょうといった幹部かんぶなどとったケースも23けんありました。

一方いっぽう今回こんかい天下あまくだ問題もんだいで、30にちあらたに歴代れきだいにん事務じむ次官じかんふくむ5にん停職ていしょくおよび停職ていしょく相当そうとう当時とうじ官房長かんぼうちょう歴代れきだいにん人事じんじ課長かちょうふくむ8にん減給げんきゅう当時とうじ人事課じんじかちょうなどわせて3にん戒告かいこく懲戒ちょうかい処分しょぶんとなりました。30にち懲戒ちょうかい処分しょぶんなどをわせると、これまでにわせて43にん処分しょぶんけたことになりますが、これは文部科学省もんぶかがくしょうとしては過去かこもっとおお処分しょぶん人数にんずうだということです。

松野まつの文科相もんかしょう猛省もうせい再発さいはつ防止ぼうし全力ぜんりょく

松野まつの文部科学大臣もんぶかがくだいじんは、記者会見きしゃかいけんで「確認かくにんされた行為こういは、文部もんぶ科学かがく行政ぎょうせいたいする国民こくみん信頼しんらいいちじるしくそこねるものだ。しょうげて猛省もうせいするとともに、文部科学省もんぶかがくしょう責任者せきにんしゃとして、あらためて国民こくみんみなさまにこころよりおわびもうげる。おおくの処分者しょぶんしゃしたことはきわめて遺憾いかんなことだ」とべ、陳謝ちんしゃしました。

そのうえで、松野まつの大臣だいじんは「職員しょくいん順法じゅんぽう意識いしきよりも身内みうち意識いしき優先ゆうせんしてしまい、身内みうち意識いしきあまえの構造こうぞうにつながる側面そくめんがあった。わたし使命しめいとして、文部科学省もんぶかがくしょう国民こくみん信用しんようされる組織そしきとなるよう、職員しょくいん一丸いちがんとなってあたえられた職責しょくせき全力ぜんりょくむ」とべました。
さらに、松野まつの大臣だいじんは「現時点げんじてんで、できるかぎりの調査ちょうさ徹底的てっていてきったという意識いしきっており、組織的そしきてきなあっせん構造こうぞう全容ぜんよう解明かいめいしたとかんがえている」とべました。

たみすすむ 蓮舫れんほう代表だいひょう文科相もんかしょう責任せきにんのがれられず」

民進党みんしんとう蓮舫れんほう代表だいひょうは、記者会見きしゃかいけんで、「松野まつの文部科学大臣もんぶかがくだいじんのガバナンスをうたがわざるをず、大臣だいじん責任せきにんのがれられない。国民こくみんらせなかったらバレないだろうと、しょうげて、所管しょかんする大学だいがくへの再就職さいしゅうしょくやあっせんをしていたこと自体じたいが、教育きょういくかたしょうとしてずべき行為こういだ。厳罰げんばつのぞみ、二度にどおなこときないよう、再発さいはつ防止策ぼうしさくこうじるべきだ。ただ、松野まつの大臣だいじんがそのまにまあたいするかは疑問ぎもんだ」とべました。

文科省もんかしょう 他省庁たしょうちょう職員しょくいんもあっせん

最終さいしゅう報告ほうこくでは、文部科学省もんぶかがくしょう人事課じんじか大学だいがくたいして、外務省がいむしょう内閣府ないかくふ元職員もとしょくいん再就職さいしゅうしょくもあっせんしていた実態じったいあきらかになりました。

それによりますと、平成へいせい27ねんに、当時とうじ文部科学省もんぶかがくしょう人事じんじ課長かちょう外務省がいむしょうとやりりしたうえで、元大使もとたいしだった外務省がいむしょう職員しょくいん東京外国語大学とうきょうがいこくごだいがく教授きょうじゅにするため大学側だいがくがわ人事課じんじか職員しょくいんかいしてこの職員しょくいん情報じょうほう提供ていきょうしたということです。また、おなとし人事課じんじかちょう新潟大学にいがただいがく経済けいざいくわしい理事りじさがしているとき、大学側だいがくがわべつ大学だいがく教授きょうじゅをしていた内閣府ないかくふ元職員もとしょくいん情報じょうほう提供ていきょうしていました。
調査ちょうさチームはこれら2つの事案じあんについて、いずれも大学側だいがくがわ再就職さいしゅうしょく目的もくてき情報じょうほう提供ていきょうしたとして国家こっか公務員法こうむいんほう違反いはんすると判断はんだんしました。

外務省がいむしょう ぜん人事じんじ課長かちょう減給げんきゅう処分しょぶん

外務省がいむしょうは、文部科学省もんぶかがくしょう天下あまくだりのあっせん問題もんだいあらたに発表はっぴょうされた35けん事案じあんのうち1けんについて、おととし11がつから12がつにかけて、外務省がいむしょうまえひとこと課長かちょうが、当時とうじ外交官がいこうかんだった男性だんせい再就職さいしゅうしょくにつながることを認識にんしきしたうえで、この男性だんせい履歴書りれきしょなどを、文部科学省もんぶかがくしょう人事課じんじかつうじて東京都内とうきょうとない大学だいがく提供ていきょうしていたと発表はっぴょうしました。
これについて外務省がいむしょうは、30日付にちづけでまえひとこと課長かちょう減給げんきゅう10ふんの2、4かげつ懲戒ちょうかい処分しょぶんにしました。

文科省もんかしょうOB「特権とっけん意識いしきあまるべき」

今回こんかい天下あまくだ問題もんだいについて、文部科学省もんぶかがくしょうのあるOBは「国家こっか公務員こうむいんという特権とっけん意識いしきあまえはるべきだ」と指摘してきしています。

文部科学省もんぶかがくしょう審議官しんぎかんなどをつとめた本間ほんま政雄まさおさんは、56さい早期そうき退職たいしょくし、公募こうぼによって再就職さいしゅうしょくしました。
本間ほんまさんは今回こんかい問題もんだい背景はいけいについて「国家こっか公務員こうむいん役所やくしょ長年ながねん貢献こうけんしたので、特権とっけん意識いしきとともに再就職さいしゅうしょくさき役所やくしょ世話せわをしてくれるというあまえがあったとおもう」と指摘してきしたうえで、「文科省もんかしょう歴代れきだいOBが特定とくてい私学しがくにいけば、ついつい許認可きょにんかなどであつかいにてくることもあるかもしれない」とその弊害へいがいかたりました。

そのうえで、再発さいはつ防止ぼうしのためには「役所やくしょはさまざまな経験けいけん知見ちけんたかめられる職場しょくばであり、まえ仕事しごと懸命けんめいめば、おのずと専門性せんもんせいたかまる。結果けっかとして、退職後たいしょくごにそうした経験けいけんかすことができれば違法いほう手段しゅだんたよらずとも再就職さいしゅうしょくはできるはずだ」とはなしています。