皇后こうごうさま 日本赤十字社にっぽんせきじゅうじしゃ大会たいかい出席しゅっせきする

2019年05月23日 16時50分

皇后さま 日本赤十字社の大会に出席する
振り仮名表示 オフ オン

皇室こうしつ赤十字せきじゅうじ活動かつどう応援おうえんしています。日本赤十字社にっぽんせきじゅうじしゃ名誉めいよ総裁そうさいは、むかしからずっと皇后こうごうさまがしています。

22にち東京とうきょう日本赤十字社にっぽんせきじゅうじしゃ今年ことし大会たいかいがありました。大会たいかいには1900にんあつまって、今月こんげつから名誉めいよ総裁そうさいになった皇后こうごうさまが皇室こうしつ女性じょせいたちと一緒いっしょ出席しゅっせきしました。皇后こうごうさまは、赤十字せきじゅうじ活動かつどう協力きょうりょくしたひと団体だんたい賞状しょうじょうなどをわたしました。

そのあと、岡山赤十字病院おかやませきじゅうじびょういんはたら男性だんせい医者いしゃが、去年きょねんがつ西にし日本にほん大雨おおあめったときにおおくのひとたす活動かつどうについて発表はっぴょうしました。男性だんせいは、大雨おおあめる3かげつまえ訓練くんれんをしていたため、すぐに活動かつどうできたとはなしました。皇后こうごうさまは、男性だんせいはなしいてうなずいていました。皇后こうごうさまは会場かいじょうるときに男性だんせいに「いつも訓練くんれんをしておくことがとても大事だいじですね」とはなしました。

がつ1日ついたち天皇てんのう陛下へいか即位そくいしてから、皇后こうごうさまがお一人ひとり仕事しごとをするのははじめてです。

単語たんご

皇后

  1. 天皇てんのう皇帝こうていつま。きさき。

大会

  1. おおくのひとあつまるかい
  2. ある組織そしき全員ぜんいんあつまるかい

皇室

  1. 天皇てんのう家族かぞく

赤十字

  1. 戦争せんそうのときには、中立ちゅうりつ立場たちばで、けがにん手当てあてをし、平和へいわなときは、病気びょうき治療ちりょう災害さいがい救護きゅうごおこな国際的こくさいてき組織そしき本部ほんぶは、スイスのジュネーブにある。赤十字社せきじゅうじしゃ

活動

  1. 元気げんきよくうごいたり、はたらいたりすること。

応援

  1. 味方みかたを、はげますこと。
  2. ちからをかしてたすけること。

名誉

  1. すぐれているとみとめられること。ほまれ。
  2. りっぱだという評判ひょうばん体面たいめん
  3. 尊敬そんけいのしるしとしておくられる

総裁

  1. 役所やくしょ団体だんたい政党せいとうなどの代表者だいひょうしゃ

協力

  1. ちからわせて、ものごとをおこなうこと。

団体

  1. 大勢おおぜいひとあつまり。
  2. おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

賞状

  1. (そのひとの)よい成績せいせきおこないをほめたたえることばをいてあたえるかみ

大雨

  1. はげしくたくさんあめ豪雨ごうう

助ける

  1. あぶないことや、くるしいことから、すくう。
  2. ちからす。手伝てつだう。

発表

  1. おおくのひとひろらせること。

訓練

  1. おしえて、れさせること。また、うまくできるように練習れんしゅうすること。

うなずく

  1. あたまかるまえにふる。

天皇

  1. 日本にっぽんくに象徴しょうちょうとしてあおがれているひと

陛下

  1. 天皇てんのう皇后こうごうなどをうやまってぶことば。

即位

  1. 天皇てんのうおうが、そのくらいにつくこと。