横断歩道おうだんほどう信号しんごう障害しょうがいがあるひとのためにおとして」

2019年05月23日 11時30分

横断歩道の信号「目に障害がある人のために音を出して」
振り仮名表示 オフ オン

東京とうきょう去年きょねん12がつ障害しょうがいがある男性だんせいが、あさはやくに横断歩道おうだんほどうくるまはねられてくなりました。横断歩道おうだんほどうには、信号しんごうあおになったことをおとらせる信号しんごうがありました。しかし、よるからあさしずかにするためにおとしていませんでした。

おと信号しんごう日本にっぽんに2まん4000ぐらいあります。しかし、このなかおおくは、あさよるおとさないようにしています。

障害しょうがいがあるひとたちの団体だんたいによると、障害しょうがいがあるひとなかには、ひとくるますくないあさはやくやよる仕事しごとったりかえったりするひともいます。団体だんたいは「横断歩道おうだんほどうちかくにんでいるひと相談そうだんして、あさよるでも障害しょうがいがあるひとわたるときはおとるようにしてほしいです」とっています。

警察けいさつは「ちかくにんでいるひと意見いけん障害しょうがいがあるひと安全あんぜん両方りょうほうかんがえて、どうしたらいいかめたいとおもいます」とはなしています。

単語たんご

横断歩道

  1. あるひと安全あんぜん車道しゃどうをわたれるように、道路どうろにしるしをつけた場所ばしょ

信号機

  1. 道路どうろ鉄道てつどうなどで、安全あんぜん危険きけん注意ちゅういなどを合図あいずする機械きかい信号しんごう。シグナル。

障害

  1. なにかをするときに、じゃまになるものごと。さまたげ。
  2. からだのはたらきに故障こしょうがあること。

撥ねる

  1. はじきとばす。
  2. のぞく。
  3. ひとにわたすぶん一部分いちぶぶん自分じぶんる。
  4. くとき、せんわりをはらいげる。

団体

  1. 大勢おおぜいひとあつまり。
  2. おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。