台湾のLINE 情報が本当かうそか調べるサービス

台湾たいわんでは2100まんにん以上いじょうひとがLINEのアプリを使つかっています。台湾たいわんのLINEの会社かいしゃは、ニュースや写真しゃしん本当ほんとうかうそか調しらべるサービスを、今年ことしがつからはじめると発表はっぴょうしました。

LINEを使つかっているひとは、家族かぞく友達ともだちなどからおくられたニュースなどが本当ほんとうかどうか質問しつもんすることができます。会社かいしゃは、うそのニュースなどを調しらべている市民しみんグループなどと協力きょうりょくしてデータあつめて、質問しつもんこたえる予定よていです。

台湾たいわんでは、インターネットのSNSなどで間違まちがったニュースがひろがることが問題もんだいになっています。去年きょねんがつ台湾たいわんから日本にっぽん旅行りょこうしていたひとなどが台風たいふう関西空港かんさいくうこうからそとることができなくなりました。このとき間違まちがった情報じょうほうひろがって、しっかり仕事しごとをしていなかったとわれた外交官がいこうかん自殺じさつしました。

単語たんご

情報

  • できごとやものごとのようすについてのらせ。

サービス

  • ひとのためにつくすこと。
  • きゃくをもてなすこと。奉仕ほうし

発表

  • おおくのひとひろらせること。

グループ

  • 仲間なかま集団しゅうだん

協力

  • ちからわせて、ものごとをおこなうこと。

データ

  • かんがえるもとになる材料ざいりょう事実じじつ
  • コンピューターで使つかえるように、数字すうじ記号きごうきかえられた資料しりょう

広がる

  • ひろくなる。
  • 広々ひろびろわたせる。
  • きわたる。
  • おおきくなる。

広がる

  • ひろくなる。
  • 広々ひろびろわたせる。
  • きわたる。
  • おおきくなる。

外交官

  • くに代表だいひょうとして外国がいこくにいて、そのくに外交がいこう仕事しごとをする役人やくにん大使たいし公使こうしなどがある。

自殺

  • 自分じぶんいのちつこと。自害じがい

関連かんれんニュース

台湾たいわんという名前なまえでオリンピックにたい」来月らいげつ投票とうひょうおこな

あめ被害ひがいがあったまちのために台湾たいわんから2000まんえん寄付きふ

普通ふつうのニュース

LINEにファクトふぁくとチェックちぇっく機能きのう 台湾たいわん法人ほうじん提供ていきょう