セブン-イレブン 店の営業時間を短くする実験を始める

コンビニのセブン-イレブンは、1にちに24時間じかんみせけて営業えいぎょうしています。しかし、はたらひとりなくて、24時間じかん営業えいぎょうすることがむずかしいとみせています。

セブン-イレブンの会社かいしゃは、営業えいぎょう時間じかんみじかくする実験じっけんを10のみせはじめました。東京とうきょう足立区あだちくみせは、営業えいぎょう時間じかん午前ごぜんからつぎ午前ごぜんまでにしました。午前ごぜんになると、店員てんいん看板かんばん電気でんきして、ドアにかぎをかけました。そのあと掃除そうじなどをして、あさみせける準備じゅんびをしていました。

会社かいしゃひとは「これからも24時間じかん営業えいぎょうつづけますが、社会しゃかいわっています。実験じっけんをして、どんな問題もんだいるのかしっかり調しらべます」とはなしていました。

単語たんご

営業

  • もうけるために仕事しごと商売しょうばいをすること。

実験

  • 実際じっさいにためしてみること。

コンビニ

  • 食料品しょくりょうひん日用品にちようひんが、手軽てがるにいつでもえるようにひらいている、小型こがたのスーパー。

看板

  • 人目ひとめにつくところに、みせ名前なまえ商品しょうひん名前なまえなどをいて、しておくもの。
  • せかけ。

関連かんれんニュース

コンビニを経営けいえいするひと団体だんたい 「営業えいぎょう時間じかんみじかくしたい」

普通ふつうのニュース

セブン‐イレブン 営業時間えいぎょうじかん短縮たんしゅく実験じっけんはじめる 全国ぜんこく10の直営店ちょくえいてん