日本にっぽんの「はやぶさ2」がリュウグウというほしりた

2019年02月22日 17時30分

日本の「はやぶさ2」がリュウグウという星に下りた
振り仮名表示 オフ オン

日本にっぽんのJAXAは、地球ちきゅうから3おくkmのところにあるリュウグウというちいさいほし調しらべるため、4ねんぐらいまえに「はやぶさ2」をました。

「はやぶさ2」は21にち午後ごごたかさ2まんmのところからリュウグウにはじめました。たかさ500mぐらいのところからは、センサー使つかってたかさやりる場所ばしょ自分じぶん計算けいさんしながらりました。JAXAは、「はやぶさ2」は22にち午前ごぜんはんごろリュウグウにいたと発表はっぴょうしました。

「はやぶさ2」は、リュウグウの表面ひょうめん弾丸だんがん発射はっしゃして、こまかくなったいしすなります。JAXAによると、弾丸だんがん発射はっしゃできたというデータとどました。

「はやぶさ2」はこれからたかさ2まんmのところまでもどります。そのあと1かいか2かいリュウグウにりて、来年らいねん12がつ地球ちきゅうかえ予定よていです。

単語たんご

地球

  1. 太陽系たいようけい惑星わくせいひとつ。太陽たいようから三番さんばんめのほしで、わたしたちがんでいる天体てんたい自分じぶんまわりながら(自転じてん)、さらに太陽たいようまわりを365にちまわっている(公転こうてん)。

打ち上げる

  1. いきおいよく)もの空中くうちゅうげる。
  2. なみものりくはこげる。
  3. 仕事しごとなどを)すっかりえる。

センサー

  1. ひかりおと温度おんどなどに反応はんのうして、電気的でんきてき信号しんごうおく装置そうち

計算

  1. かずりょうかぞえること。
  2. しきいて、こたえをすこと。
  3. かんがえにれておくこと。

発表

  1. おおくのひとひろらせること。

表面

  1. もの外側そとがわおもて
  2. うわべ。せかけ。

弾丸

  1. ピストルや鉄砲てっぽうのたま。
  2. 非常ひじょうはやいもののたとえ。

発射

  1. 鉄砲てっぽうのたまやロケットなどを、すこと。

データ

  1. かんがえるもとになる材料ざいりょう事実じじつ
  2. コンピューターで使つかえるように、数字すうじ記号きごうきかえられた資料しりょう

届く

  1. おくったものく。
  2. のばしたものが、つく。
  3. きわたる。
  4. ねがいなどがかなう。