瀬戸内せとうち寂聴じゃくちょうさん「我慢がまんしていたらまたいいことがある」

2019年01月08日 15時45分

瀬戸内寂聴さん「我慢していたらまたいいことがある」
振り仮名表示 オフ オン

96さい瀬戸内せとうち寂聴じゃくちょうさんは小説家しょうせつか僧侶そうりょです。毎年まいとしねんはじめに、京都市きょうとしにある自分じぶんてらはなしをしています。今年ことし日本中にほんじゅうから100にんぐらいがはなしきにました。

雑誌ざっしあたらしい小説しょうせつはじめた寂聴じゃくちょうさんは「今年ことしつづけたいです。もし途中とちゅうんでもいいとおもっています」といました。

そして、どんな気持きもちできるかについて「つらいことがあってもかならわります。我慢がまんしていたら、またいいことがあります」とはなしました。

福井県ふくいけんからた34さい女性じょせいは「我慢がまんしすぎないで、たのしんできようとおもいました」とはなしていました。

単語たんご

我慢

  1. くるしさ・いたさ・つらさなどを、じっとこらえること。しんぼう。

僧侶

  1. ぼうさん。そう

つらい

  1. からだ気持きもちが)がまんできないほどくるしい。