目が斜視になる子どもが多い スマホと関係があるか調べる

なにかをるとき、みぎひだりちが方向ほうこうている状態じょうたいを「斜視しゃし」といます。

静岡県しずおかけんにある浜松医科大学はままついかだいがくによると、内側うちがわたままもどらなくなる斜視しゃしひとが3ねんまえからえています。それよりまえは1ねん2人ふたりか3にんでしたが、1ねんに10にんぐらいになりました。とくに19さい以下いかどもがえています。

浜松医科大学はままついかだいがく先生せんせいは「スマホ(スマートフォン)を使つかどもがとてもおおくなったころから斜視しゃしどもがえています」とっています。

くに病院びょういん研究けんきゅうグループも「スマホなどを使つかいすぎると、斜視しゃしになったり斜視しゃしがひどくなったりする可能性かのうせいがある」という論文ろんぶん発表はっぴょうしました。

このため、病気びょうき研究けんきゅうしている学会がっかいが、スマホの使つかかた斜視しゃし関係かんけいがあるか調しらべることにしました。1000にん医者いしゃ協力きょうりょくしてもらって、斜視しゃしになったどもがスマホなどをなが時間じかん使つかっていたか調しらべます。使つか時間じかんみじかくしたら、斜視しゃしがよくなるかどうかも調しらべます。

単語たんご

方向

  • き。方角ほうがく
  • 目当めあて。方針ほうしん

向く

  • かおからだをそのほうへける。
  • そのほうにめんしている。
  • うまくう。てきしている。
  • ある状態じょうたいになる。
  • あるほうへすすむ。

状態

  • そとからた)ひとやものごとのようす。

内側

  • なかのほう。

グループ

  • 仲間なかま集団しゅうだん

可能性

  • その状態じょうたいになりそうなようす。できそうなようす。

論文

  • ある問題もんだいについてのかんがえや、研究けんきゅうした結果けっかを、筋道すじみちてていた文章ぶんしょう

発表

  • おおくのひとひろらせること。

学会

  • 専門せんもん学問がくもんを、ふか研究けんきゅうするためにできている研究者けんきゅうしゃあつまり。また、その会合かいごう

協力

  • ちからわせて、ものごとをおこなうこと。

関連かんれんニュース

東京都とうきょうと どもの70%がスマートフォンなどを使つかっている

アップル スマートフォンを使つかいすぎないようにする機能きのう

どもがけた虐待ぎゃくたいやく13まんけん いままででもっとおお

インターネットを使つかったいじめが1まん2000けん以上いじょう

外国人がいこくじんどもに日本語にほんごおしえるためにくにはもっと応援おうえんして

ADHDという障害しょうがいがあるどもののうおな特徴とくちょうつかる

普通ふつうのニュース

日本にっぽん弱視じゃくし斜視しゃし学会がっかい 若者わかもの斜視しゃし増加ぞうかスマホすまほとの関連かんれん調査ちょうさ