がんで亡くなる前に体がつらそうだった人は42%

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターは、がんなどでおととしくなった20さい以上いじょうひと家族かぞくに、くなるすこまえのことについてきました。2300にんぐらいがこたえました。

がんくなるまえの1かげつについてくと、家族かぞくの42%が「いたなどでからだつらそうだった」とこたえました。

からだつらくないように医者いしゃ十分じゅうぶん治療ちりょうしていたとおもうかくと、「おもわない」とこたえた家族かぞくは180にんぐらいいました。理由りゆうは「治療ちりょうしてくれたが、十分じゅうぶんではなかった」が41%、「医者いしゃ診察しんさつする回数かいすう時間じかんすくなかった」が34%でした。

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターは「医者いしゃなどの教育きょういくのしかたをえる必要ひつようがあります」とはなしています。

単語たんご

がん

  • 悪性あくせいのはれものができる病気びょうきからだなかにできたがん細胞さいぼうがどんどんえてからだがいをあたえる。

つらい

  • からだ気持きもちが)がまんできないほどくるしい。

痛み

  • いたいとかんじること。
  • くるしみやなやみ。

つらい

  • からだ気持きもちが)がまんできないほどくるしい。

治療

  • 病気びょうきやけがの手当てあてをしてなおすこと。

診察

  • 医者いしゃ病人びょうにんからだ調しらべて、病気びょうきのようすを判断はんだんすること。

回数

  • ものごとが何回なんかいこったか、おこなわれたかというかず

普通ふつうのニュース

がん終末期しゅうまつき医療いりょう 遺族いぞくの4わり患者かんじゃ苦痛くつうある状態じょうたいだった”